家の設計をする

 予算が少ないから建築家に設計は頼めない、とほとんどの人が思い込んでいます。しかし、これはとんだ思い違い。建築家だからこそ、予算を守ってくれるし、依頼主の希望に添うように配慮してくれます。
 ただし、中には個性の強い人もいるから二、三度話し合ってから決める方がよいでしょう。
 建築家に頼む場合、設計だけを頼んで施工はなじみの大工に頼む、あるいは設計から完成まで任せるという二通りの方法があります。
 公庫融資を受ける場合にはキチンとした書類が必要ですが、勘で仕事をする大工さんは確認申請の図面が作れない場合が多い。これは建築家にやってもらうしかありません。
 依頼の際には、どこまで建築家に任せるかを事前に明示し、費用を聞いておくことを忘れないことです。

スポンサード リンク

 家を建てる決心をすると、大方の人は展示場を巡り、住宅雑誌を買いこみ、パンフレットを集め、山程ある情報に埋もれて結局自分の家に対するイメージを失い、人の言うままに動いていくようになります。住宅はあなた自身のもの。情報を集めるよりも、まずわが家の暮らし方を見極め、家族の希望を集めて、およその希望の家のアウトラインをまとめることの方を優先すべきです。
 住宅はどんなふうに出来上がるのか、実際建つまでわからないしイメージ通りに建つこともまれです。たとえば壁紙の色を青と決めても、材質によって出来上がりは全く違う。壁材や床、天井材のサンプルは小さすぎて、完成したときにはイメージとはかけ離れてしまったりします。絵で説明しても心もとない。それでも、どうしてもイメージぴったりの家に固執するなら気に入ったモデルハウスを選び出し、そのままを建てるしか方法はないと知るべきです。
 何事も専門家の手を借りずに自分でやってみることは結構ですが、こと住まい作りに関しては素人がやれるのは間取りまで。しかも、素人は小さな所ばかり考えて家全体に考えが及ばない。しかし設計事務所に依頼する予算がないなら各住宅メーカーが出しているプラン集を集め、その中からプランを選び出す。プランの利用はただの上、優秀な設計士の手になるもの。展示場で出来上がった感じを確かめることもできるから、利用しない手はありません。
 住宅は一生の買い物。時がたてば家族の構成も変わり、それに応じて住宅も変えねばならない。そのためには、あまり細かく今現在の希望に合わせて家を作らないことです。そして最初に小さく建ててチグハグに建て増していくのでなく、将来建て増しをして完成した時の設計を最初にしておき、その中で一期、二期と部分にわけて建て増して行くのが賢明なやり方といえるでしょう。
 家の間取りを決める時に案外忘れがちなのが公・私の区別。住宅の中にも玄関、応接間といった公的な場所と寝室などの私的スペース、その中間のダイニングやリビングルーム、という分類がある。こうした公・私がキチンと区別されていない家は住みにくい。
 たとえば来客がトイレに行くのにリビングを通らなければならない間取りでは、客も気兼ねするし落ちつかない。したがって、トイレは玄関近くが便利だし、ごく私的スペースである浴室や洗面所は台所や居間の近くが安心して使えます。また寝室は二階にとることが多いが、そこから階下へ通じる階段が直接玄関ホールヘ、というプランが多く、その無神経さに驚かされます。二階から寝まき姿で階下へ降りようとして玄関に客があれば、その人の帰るまで待たねばならないし、うっかりはち合せもありえます。
 このように公・私の区別、そしてそれをつなぐ動線(人が動く線)にも十分な配慮が必要です。
 せっかく家を建てるのだからと、狭い敷地に希望の間取りを全部実現しようとすると、小間切れの狭い部屋が数多くできてしまうが、こういう家は住み心地が悪い。それよりも家の中に一部屋広々としたスペースをとり、その部屋を間仕切りを利用したりして多目的に使う。玄関ホールに簡単な応接コーナーを作ってその分リビングルームを広くとったり、家事室を独立させずに広い台所を確保する。これも狭い敷地を上手に使うテクニックです。
 家を新築してさて入居の段になって初めて、家具が希望の位置に置けない、家具でコンセントが使えないと嘆く人がいるが、これは建て主の失敗。この失敗を防ぐには、間取りを決める時に持ち込む家具のリストを作り、その型紙をつくり、それを住宅の平面図に置いて並べ方を考える。こうすれば家具もキチンと納まり、買い足すべきものとその予算も明確になってよいでしょう。
 展示場でみた外観にすっかり惚れこんで、そっくりそのままを建てたら周囲に家がたてこんでいて、せっかくの外観の全景が見えないという例が増えています。住宅の外観は街並の中で始めて良し悪しが決まります。周囲の環境との兼ね合いがポイントです。
 最近の日本の住宅事情のように敷地をゆったりととれない所では、外観にお金をかけて凝るよりも、むしろ住宅の内部にお金をかけた方が得るところは大きいと言えるでしょう。
 平面図で見て広いと思っていた住まいが、実際住んでみると案外狭いということがあります。同面積でも窓の多少で部屋の広さは違う。また、椅子の生活をすれば、天井も低く感じ部屋も狭く感じる。だから狭い部屋では椅子をやめ、家具を低くして暮らすとよい。また、たとえば玄関にとれるスペースが狭かったりしたら、吹き抜け等で広いイメージも作れる。このように住まいの広さは空間で決まります。
 現代の日本の住宅事情では新しく家を持つのは至難の技。そこで、最近は親子二代同居がふえてきました。親の家は大概、便利な所にあり敷地も狭くない。二世帯同居の場合の公庫融資優遇措置もあります。
 親の古い家を、これを機に互いのプライバシーを守れる形式に建て替えれば、土地も有効に利用され、お互いに住み心地もよくなります。もちろん友人や兄弟との同居もいいでしょう。
 ちょっと手が空いたときに家庭の主婦はどこにいるかという問いに、ほとんどの主婦はダイニングテーブルの周辺と答えています。これでは、ひと頃はやった家事室も物置になってしまうわけです。使わない部屋に大事なスペースを三畳も四畳もとるくらいなら、台所の一角にライティングビューローやワーキングデスクを置いて主婦コーナーを作ってしまった方がはるかに使いやすい。吊り戸棚式の本棚や主婦専用のしゃれた椅子なども置きたいものです。
 本当に使い勝手のいい台所を作ろうとしたら、その家のライフスタイルに合わせたプランを立てることがまず第一条件です。たとえば、家族が一緒に食事をすることが多い家ではリビングキッチン形式、あるいは食後、そのまま団らんに移行できるようになったLDKワンルーム形式がいいでしょう。逆に家族がまちまちの時間に食事をするような場合はダイニングキッチンの形式も便利です。また、小さな子供がいる家では子供の遊ぶ姿を見ながら作業ができるように、リビングダイニングに向けて流し台を配置する対面式も考えられます。厨房機器は壁に向けて配列されるものという決まりは何もないのです。
 いずれにしても台所は毎日の暮らしのなかで中心になる場所なのだから、形式にとらわれて作ってしまうと使いにくい結果になります。
 私自身は台所が独立した設計が好きですが、こればかりはそれぞれの家の流儀があるからA家とB家が違っているのは、むしろ当然なのです。
 台所はなるべく広く、と希望する人が多いが、広ければ使い良いわけではありません。炊事をしている時には、ずいぶん長距離を歩いているのと同じくらい歩き廻るし、厨房機器の下部の収納スペースや冷蔵庫の出し入れでかがんだりして、案外疲れやすい。だから、台所が広ければ、それだけ歩き廻る距離も増えて、疲れるのです。
 収納スペースも考え合せ、自分の動きに合せた適当な広さを決めることです。
 あなたは部屋数が多ければ家は広く住み心地がいい、と思い込んでいないでしょうか。家具も何も置いていない三畳や四・五畳の部屋は案外使いでがあるように見える。しかし実際住んでみると三畳の部屋は物置が関の山です。四・五畳もいかにも手狭です。同じスペースなら二部屋に独立させず、どうしても必要な時に仕切れるよう可動間仕切りをつけておくのが、スペースの真に有効な生かし方と言えるでしょう。
 出窓が建ぺい率に含まれないことは案外知られていません。最近では出窓の既製品も作られていて、値段も比較的安い。高さをダイニングスペースでは70cmほどにし、テーブルをT字に置けば出窓のスペース分テーブルを広く使える。リビングでは45cmくらいの高さに設置し、台の部分にソファをおけば、そこがベンチとして使える。ソファウィンドーというわけです。敷地が狭いと嘆く前に出窓を活用し、広さを確保しましょう。
 家には応接間がなければいけない、応接間にはリビングセットがなければいけない、といった住まいの形式にしばられている人は多い。限られたスペースで住宅を考える時は家族優先だ。日当りが悪ければ家族が最も長い時間をすごす台所、リビング、ダイニングを二階に上げる例もあります。二階から外階段をつけると、ゴミや御用聞きの問題も解決できます。寝室は日当りのよくない一階でも差支えません。

間取り
土地、家を選ぶ/ 家の設計をする/ マンションを選ぶ/ 設備機器を選ぶ/ 増改築をする/

       copyrght(c).間取りガイドドットコム.all rights reserved

スポンサード リンク

プライバシーポリシー