人工環境の影響

国民の何%が冬の生活に必要な暖房を享受しているのでしょうか。また、暖房方法には何を使用しているのでしょうか。一身のこたつから1室暖房、そして全室暖房という進歩の中で、大多数の国民はどんな位置にいて、国民は果たして寒さの脅威から守られているのか。国民とは、大都会、大建造物、マンションに住む人達だけではありません。そう考えるとき、その統計すら明らかでない日本の暖房状態が問題となります。冷房などはなおさらです。暖房技術はあっても国民の多くは寒く、冷房技術が栄えても国民の多くはうだるというのが日本の現状ではないでしょうか。日本の現在の死亡原因中の上位を占める脳卒中の原因は、農民の生活温度の低いことによるようです。秋田、長野など気温が低く暖房の普及していない地域には、脳卒中による死亡率が高いようです。農民にストーブを貸し与えて冬の彼らの血圧を調査しその効果が明瞭にあらわれたことが報告されています。農家の高い天井、換気量過大で保温上不利な建築構造、便所の位置の悪さなどが、生活温度を上げられない大きな原因であると考えられています。寝所の温度が低いため厚い布団をかけるので胸などを圧追すること、夜の用使に急に寒い所へ出ること、戸外の農作業は低温度の環境でしなければならないことが高血圧と脳卒中の原因であると考えられるということです。低温生活が、農民の高血圧を誘引し生命を危険にさらしていることがよくわかります。

スポンサーリンク
間取り

人間にとっては、一定温度の快通な室内生活が寿命の延長のためには決定的に有利で、例えば冬の室内気温20度から22度が確実に保たれれば脳卒中による死亡は激減するてあろうと考えられるようです。つまり、過度の体温への刺激が危険なのです。冬の暖房は寒地の国民の生命を延長するという莫大な国民的福祉をもたらすものなのです。暖房の普及は国民の危険を救うという点で、いまだその質まではあまり問題にならない段階にあります。
しかし、建築および設備技術者の間における人工気侯に関する論議は、次のようです。人工気候が常温箱のようになると、自然の持つ四季の変化によるリズム感を通じて提えられる秩序、さらにそこに育くまれる人生観といった問題まで次第に欠如してゆくことになるとされます。生命の危険をようやく脱することができるか否かという生命保持ぎりぎりの線の上での問題ではなくて、全く技術的に程度の進んだ質の高さを問題にしている議論であることがわかります。
ビルの巨大化にせよ、人工気候にせよ、人間の幸福とは無縁なものではないはずです。それらは建築家や技術者が人間の幸福を追求する結果、そこから生み出されたものではないことだけは確かです。人工気候という言葉が、一種寂しい響きを持ち始めるのはこの辺りからなのです。建築はあくまでも技術でありこの技術の時代に対して、いつも内面における抵抗と反逆とが伴って来るのでなければ、私たちはいつ迄たっても受動的な行動か、さもなければ楽天的なユートピアを夢みることしか出来ないのです。さらに、よりよい環境を、よりよいサービスをという意味で、たしかに人間的発想でありながら、実は何よりも企業の生産性向上への追求になってしまったものであることはいうまでもありません。

間取り
生活空間と住居/ 生活空間の多段階化/ 居住の機能/ 職場と住居の分離/ 住宅と居住地/ ニュータウン/ 居住地としての農村/ 日本の団地計画/ 住宅再開発/ 農村集落の再編成/ 居住地コミュニティ/ 生活環境の意味/ 自然環境の変化/ 人工的自然の形成/ 都市化と社会環境/ 人口の異質化/ 都市化と施設系/ 機関と施設の機能/ 都市住宅の立地条件/ 封建都市の住居地の特質/ 郊外住宅地の発展/ 零細長屋住宅街の発達/ 大都市圏の地域構成/ 居住地の型分け/ 居住地の型と居住者構成/ 居住者層の住要求の地域差/ 職住関係からみた居住地/ 不良住宅地区の規定/ 居住地の不良化の特徴/ 既往の都市計画の問題点/ 居住地改善の基本的方向/ 地域性と居住環境/ 居住環境の要素と条件/ 住居と健康/ 人工環境の影響/ 暖房と健康/ 人工環境の計画上の必要条件/

       copyrght(c).間取りガイドドットコム.all rights reserved

スポンサーリンク

プライバシーポリシー