住宅における設計の導入

近代が住宅生産において画期的な意義をもつものは、まず洋風住宅設計技術の導入が挙げられます。幕未から明治10年代にかけての初期は、東南アジアの植民地から来日した外人建築家により洋風植民地スタイルで建てられた居留地建築の時代であり、日本人の建築技術者や大工棟梁はその指導を得て洋風建築を修得し、その経験をもとに各地に洋風建築を建てました。住宅におけるその例は、兵庫県の丸鬼邸、大阪の住友別邸、西宮の辰馬邸などが挙げられますが、いずれも日本人建築家が生まれる以前に大工棟梁の手によって建てられたもので、異人館の形を模倣しつつ随所に和風の木造技術が生かされた折衷様式でした。

スポンサード リンク
間取り

貴族、富豪、政府高官が洋館の大邸宅を相次いで建て始めるのは、明治の20年代以降ですが、この頃には政府のお雇い外人建築家によって教育された日本人建築家が活躍し始めており、辰野金吾、片山東熊、渡辺譲、コンドル等がこれと取り組んでいました。これ以後、和風住宅に洋風の応接室を付ける形で和風と洋風との折衷様式が次第に中流住宅に普及していきました。こうした洋風から和洋折衷にかけての住宅設計の持つ意義は、建築家が住宅を設計対象とし、かつその設計が日本の伝統的な木造住宅の平面、構造、材料、寸法の体系を突き崩したところに見出せます。かつて建築職人は建築主の設計仕様の下に工事を行なっていましたが、近世初期に木割術を確立するに至って自立的な技術体系を我が物にし、そのことが職人の立場を強め、請負化を促進したのでした。しかし、その反面において技術の固定化を生んだのであり、新しい技術を内容とする設計は、建築職人をして再び設計の支配への従属を余儀なくさせることになったのです。
しかし、官庁、学校、事務所等のごとく、その中で行なわれる生活自身が洋風である建築と異なり住宅は長い慣習にしばられた生活に密着した建築であるだけに、洋風化はごく一部に止まり、伝統的な大工技術を根底から覆すに至りませんでした。住宅はそれ以後長い間、ほとんど停滞的な状況のなかに放置される結果となり、急速に洋風化に向っていった非住宅との技術格差はだんだん拡がり、遂に今日みられる建築技術の二重構造を形成していったと考えられます。
今日の住宅設計は建築家にどのように扱われているのでしょうか。住宅はもともとすべての建築の種類のなかで難しいタイプとされており、設計料率は高いランクにありますが、建築規模が零細で建築単価も低いので設計料は少なく、その上、建築主は自分の住む住宅に関しては当然のことながら、素人の立場から様々な注文をつけ、建築家にとっては住宅はまことに割りの悪い仕事となっています。また、住宅が計画上の難しさに比して造形的な意味でのデザインの余地に乏しいことも建築家に歓迎されない原因になっています。
第二次大戦後、住宅復興が持家の建設によって進められ、昭和25年に発足した住宅金融公庫の個人住宅に対する融資がこれを促進しました。一般建築の設計の仕事が少なかったこの時期において、多くの建築家が競って小住宅の設計を手がけましたが、やがて産業用、公共用の建築が活発な需要をみせ始めると自然に建築設計の重心はそちらに移っていきました。住宅設計の姿勢についても、戦後期における小住宅を対象とした開発的、研究的な態度から、次第に住宅規模の大型化と内容の高級化を伴いつつ造形性を競う方向に進んでいます。現在では個人住宅の設計はごく少数の住宅建築家の場合を除いては、設計業務の主流からはずれているというのが実情です。住宅の建設に当っては建築基準法による確認申請の手続きが必要であり、それに要する書類としての図面は必ず作成されなければなりませんが、そのうちの大部分は簡略で形式的な設計が行なわれているにすぎません。

間取り
住宅の生産/ 住宅生産の特徴/ 木造住宅生産の伝統/ 住宅における設計の導入/ 公共住宅の登場/ 町場での住宅生産/ 住宅工業化の必要性/ 住宅工業化の方法/ 住宅の新建材/ 住宅産業化の方向/ 住宅標準の確立/ 住宅技術の開発/ 住宅生産と供給機構/ 町場の住宅生産の将来/ 建設業/ 建設生産/ 建設業の従属性/ 新産業と建設業/ 住宅建築工事の種類/ 建設取引の特質/ 建設業での重層的下請制の崩壊/ 入札と随意契約/ 工事契約の種類/ 工事施工上の問題/ 建築家の沿革/ 設計の瑕疵と施工の責任/ 下請制度/ 建設業の性格/ 建設企業経営の身軽さ/ 建物プレハブ化/ 建設工事費の上昇/ 建設業の経営比率の特色/ 住宅生産の工業化/

       copyrght(c).間取りガイドドットコム.all rights reserved

スポンサード リンク

プライバシーポリシー