プライバシーと個室化

住生活におけるプライバシーの主張は、戦後の住宅計画のあり方の中で、最も多くいわれた事項の一つです。その結果、多くの住宅設計例は、平面の中に個室を設ける傾向が強くなりました。日本の住居水準は、家族の各々に私室を与えうるほど高くはなってきいません。したがって夫婦、兄弟、姉妹が適当に自分達の部屋を分かち合う程度、いわは準個室的なものが多くなっています。また住宅構造の程度も、視線はともかくも音響をも完全に遮断するほど、徹底したプライバシーは保障していません。頑丈な扉と完全な鍵が個々の部屋につけられるようになった時にプライバシーも本物になります。住宅計画の方向は、家庭内での個人の尊重ということが一旦きまると、その方向に完全なものであろうと努力しますが、居住者一般のプライバシーに対する理解の仕方は、地域的にも、職業、収入、学歴その他で表現される階層的にも様々です。平面形式としてはリビングルームと私室群とで構成されていますが、私室郡の使い方が個人に固定しないで、旧末の融通、転用的な住み方になっている例、また、リビングルームと私室との間でそれが行なわれている例などを発見します。それは家族構成、家族の住意識にもよりますが、居室面積の不足等平面構成上の理由によることもあります。また、リビングの採暖節約の理由から、私室を冬季居間としてつぶす例もあります。これは生活水準の問題です。

スポンサード リンク
間取り

住意識上の問題としては以下のような傾向が、一般的にあるだろうと推測されます。一般に親は子供に対しては、子供部屋として個室を与えたがります。一つには乳幼児に対するしつけ教育観から、戦後アメリカ式の育児法にならって、乳児から独り寝をさせるやり方が、若い親の間に流行しました。独立心を物心つかぬ時分から培うという根拠からですが、育児法としては保護を求める期間に十分親に接している方が、自然で健全であるという立場もあります。これは形式的な個室主義といえます。
また学齢児になると、親の子供部屋を与えたいという要求は、ほとんどというほど強くあらわれます。しかしその要求理由には、子供に勉強をさせるためという理由が非常に多く、これも、よい学校へ進学させ有利な人生コースに乗せたいという教育熱に煽られた社会を背景としています。
このような教育主義とは逆に、全く自由放任で何もかも知らない顔をしていることが、プライバシーを尊重することと考えている場合もあります。
一般的にプライバシーとは、個人の秘密性を容認することです。個人の生命、財産に対する暴力的侵害から、法的に保護することは古くから行なわれてきましたが、近世になって精神、知性に対する保護も社会的に認められるようになりました。人生を楽しむ権利、独りで放っておいてもらう権利を認めることが、プライバシーの保護です。住生活においても、たとえ骨肉をわけた家族であるとしても、各々は同時に個人として存在します。したがって家族としての行動の他に、個人としての行為要求もあるはずで、人の基本的権利としてそれを認める認識が、住生活のプライバシーです。例えば病気の場合も独り安静にしておきたいでしょうし、更衣、化粧、最も気ままな姿勢での体息姿態やごろ寝等、正当でありながら秘匿しておきたい行為、物おもいや思考等独居を望む精神的行為があります。個人として必要な場合に、それを満たす空間が保障されていることが、住生活におけるプライバシーの保障です。このような点について、先に挙げたような子供部屋要求例は、プライバシー本来の意義から遠ざかったものです。
プライバシーの保障は、近代社会の家族生活にとって大切ですが、家族生活が個人生活の集合にすぎない結果になることは、家族の存在意義を失うことです。社会でプライバシー権利が強くなる一方、公共的義務が問題化されたのと同様に、家庭においてもそれはあります。家庭内の共同的な事柄、合理性にもとづく礼儀、子供が知らなければならないきまりやしつけ等があります。親がそれを与える機会もないほど、生活が個別化することが、個室の意義なのではありません。以上の事柄は、住宅計画の課題ではなく、住み方あるいは住意識の問題です。しかもこれが合理的な方向に発展しないかぎり、いかに近代的形式を計画が与えても、本来の機能を発揮しないのです。ここでは住様式が計画の前提条件というより、計画以前の問題としてあります。

間取り
住宅計画/ 住宅の普遍性と進化/ 洋風住宅の導入と日本化/ アパート計画/ 不良住宅区改良事業/ 住宅計画方法論/ 住宅建設での公共住宅/ 住宅調査と標準設計/ 家族型対応住宅/ 住空間の型/ 住様式変化/ 住宅地環境の拡大/ 市街地再開発における住宅計画/ 住居観と計画/ 住宅政策と住居観/ 格式としきたりの住居観/ 接客尊重意識/ 職住分離/ 持家主義/ やどかり意識/ 標準・規格化/ プライバシーと個室化/ 核家族と老後問題/ 住様式の地方性/ 生活行動の様式/ 履物と床の様式/ 衣生活様式/

       copyrght(c).間取りガイドドットコム.all rights reserved

スポンサード リンク

プライバシーポリシー