土地売却の目的

土地を売った農家の売却代金の使途を見ると、家屋の更新新築に使っている場合がきわめて多い。あるいは、農家が自分の土地に貸家がアパートを建てるための資金を得る目的で、所有地の一部を売る場合も少なくありません。ただ、土地だけを貸して借手に持家を建てられるのは危険ですが、家を建てて貸す場合には比較的安全だと考えているのです。現在のように社会の変動が激しいと、一つの借家に永住する人が少ないこと、住宅の需要が逼迫している現状では貸し主の主張が通りやすいことなどが、その理由になっています。そして限界地化した土地を売って、なお限界地化しない土地を買う者も少なからずいます。このなかには、本当に経営規模を拡大するための者と、自分の経験を生かして次に限界地化しそうな土地を買うブローカー化した者の場合とがあります。

スポンサード リンク
間取り

これまでの農業所得あるいは兼業所得の程度では、家の新改築までは手がとどかなかったが、地価の上昇によって可能になったことを意味します。満たすことのできなかった消費的欲望の充足です。借金の返済などの動機もこの範囲に入ります。このような、単純な消費的欲望の充足のための土地売却は、専業農家の場合には、経営規模が縮小し、専業農家としての立場を弱めることになるわけですが、都市圏の限界地帯には、所得の滅少をきたさないで、この欲望を充足できるいくつかの条件があります。まず、経営規模の縮小によって生じる余剰労働力を兼業収入の増大に振向けることが容易なことです。家族構成員の一部がサラリーマン化し、家族内の農業就業者の重点が老人や婦人に移るような場合に、土地の一部売却をなんとも思わない意識が生れてきます。
しかし、その地域が先全に限界地となり、地価がさらに上昇すると、このような消極的な形ではなく、積極的な第二の形態が現われてきます。限界地化した土地を売って、家を新築して、その上まだ限界地化しない安い土地を買うのです。こうして経営規模の縮小は生じません。逆に経営規模が拡大することさえあり得ます。限界外地を売る方の農家の立場は、最初の形態である消費的欲望の充足、すなわち、これまでまったく不可能としてきた自家の新改築のようなことがようやく可能になるということで、土地を売却するのです。
どうして限界外地でありながら農地地価の評価を越えて上昇するのでしょうか。その理由は、限界地を売って限界外地を買おうとする土地需要が、限界外地を売って自己の消費的欲求を充足しようとする土地供給より大きくなる傾向があるからです。消費的欲求を充足するというだけの理由で、まだ限界地にもなっておらず地価の安いうちに、土地を売ってもょいとする土地供給量は狭く限定せざるをえません。ところが、限界地のきわめて高くなった土地を売却して、さらに安い土地を買おうとする土地需要には限度がありません。かならず需要が供給を凌駕する段階がきます。この段階が過ぎると、急激な限界外地の地価上昇が起こります。そして、この段階にはきわめて短期間に達することになります。限界地が急速に外側へ向って移動するからです。都心へ通勤する人の持家の建築がはじまることが、その土地が明らかに限界地になったことを示す指標となるわけですが、その持家建築の限界が急速に拡大することを、限界地周辺の農家はよく知っています。しばらく自家の新改築などを見合せていれば、もっと有利に新改築が可能なわけです。こうして、限界外地の土地供給は抑制され、土地の需給のバランスは厳しくならざるをえません。かくて、需給の逆転する段階は早められます。
もう一つ見逃すことのできない事情は、農家同士が土地の売買を行なう場合、多くは遅隣の者同士であり、対象となる土地の位置面積や売買価格を相互によく知っており、大抵の場合、相互に売買の目的さえも分かっていることです。もちろん、町村の境界を越えて遠く農家同士の売買が行なわれるょうな例も見られますが、その場合でも、売る者の近隣の者が仲介をすることになります。

間取り
住宅限界地/ 土地の商品性の喪失/ 土地供給側の特性/ 土地売却の目的/ 農家の土地ブローカー化/ 賃貸物件投資のための土地売却/ 代替地取得の地価への影響/ 通勤限界地の地価上昇傾向/ 地価上昇率と需要/ 持家限界地での家賃/ 地価格差/ 貸家アパートの限界地/ 家賃の規定/ 家賃の格差/ 家賃と所得水準/ 地価と所得水準/ 供給側の条件による地価/ 地価の上昇/ 需要側の条件による地価/ 家賃/ マンションの分譲と賃貸の比較/

       copyrght(c).間取りガイドドットコム.all rights reserved

スポンサード リンク

プライバシーポリシー