間取りの基本的な考え方

住宅を設計する場合、最も基本になるのは平面計画(間取り)です。これがきまると、建物の大きさがきまり、工事の概算費用もわかってきます。
設計には、敷地条件のほか、日照・通風、家族構成・職業、機能性と合理性、法令による制約、工事予算、好みなど様々な条件が的確に盛りこまれていなければなりません。そして、家は家族全員が使うのですから、木造にするか、鉄筋コンクリートにするか、パブリック型にするかプライバシー型にするか洋風にするか和風にするかなど、できるだけ各人の希望をとり入れていくべきでしょう。また、日本では、むし署い夏を過ごしやすくするため、ひさしを長く、窓を大きく、床を高くするのが昔からの家づくりの基本であったことも心得ておきましょう。

スポンサード リンク
間取り

まず、健康的で住み良く、明るい住まいづくりをするためには、太陽光線を十分に受け入れるように考えた設計をする必要があります。夏の暑い時期の太陽を遮り、冬は太陽光線を屋内に十分とり入れることを考えましょう。そこで太陽が一年を通じてどのように移動しながら家に光と熱を与えてくれているかを再確認してみましょう。
家の南側にとられている部屋は、屋根の庇をちょっと大きめに出すだけで、夏の暑いときの日を遮ることができ、冬は同じ状態のところから十分に日光を受け入れることができます。また、夏の暑い頃にだけ太陽光線を遮り、冬にはとり入れるためのルーバーなどの角度も考えましょう。南側の次に良いのは東側です。ただ真冬にかぎらず、日の出、日の入りの頃の太陽の位置は水平面に近いため、家の奥深くまでさしこみます。冬はありがたいのですが、朝日とはいえ、夏の署いときには適当にコントロールすべきです。西側は、冬の西日は南西側から差し込むのに比べて夏の西日は真西、もしくは西北に寄ったところからも家の奥深くさしこむことになります。
次に、夏を涼しく過ごすためには自然の風が大切です。そこで私達の祖先はふすまや障子で間仕切りをし、これをとりはずしたり、開けておけば、自由に通風がとれるといった家づくりを考えだしたのですが、これでは各部屋のプライバシーが保ちにくいために、この頃の家には間仕切り用の壁面が多くなりました。これからの家は通風換気を意識的に行なえるように考えておかないと、夏の署いころ、不快な思いをしなければならなくなります。
夏の風は南から、冬の風は北から吹くといわれますが、夏でも朝晩は北の方から涼風が吹きこみますし、その地方の地形、隣家の状況、通路のつきかたなどにより風の吹いてくる方向も違います。T字形の通路の突当たりの家などは、道路が風を運んできてくれるし、山や大きな建物が近くにあるときは、これに風がさえぎられることもあります。通風を良くするためには、最も風の入りやすいと思われる側に大きな開口部を、この反対側に小さな開口部をつけることです。

間取り
マイホーム入手法/ 分譲住宅を購入する/ 借地に家を建てる/ 親族の所有地や借地に家を建てる/ 収入向住宅にする/ 住まいづくりのプラン/ 不動産業者の信用を調べる/ 不動産の取引態様を知る/ 分譲地の傾向/ 分譲地の価格/ 分譲地の現地調査/ 分譲地の規模と面積/ 宅地造成の許可/ 私道負担の有無を確かめる/ 造成前のときは前金保証書をもらう/ 法令上の制限の調査/ 権利関係の調査/ 契約書をつくること/ 手付金の交付/ 交渉預り金/ 他人の権利がついていないか/ 登記と引渡の条項/ 契約での定め方/ 契約不履行と解除/ 土地の引渡と付帯施設/ 間取りの基本的な考え方/ 間取りと家族構成/ 近隣との問題/ 施工業者の選び方/ 契約書作成の注意点/ 手抜工事の見分け方/ ツーバイフォー工法/ 完成引渡時の注意ポイント/ 増改築の場合の注意ポイント/ 増改築と屋根/ 増改築の工事費/ マンション業者の信用調査/ マンションの価格/ マンションの品質鑑別法/ マンションの契約と登記のポイント/ マンションの敷地が借地権のとき/ マンションの担保責任とアフターサービスの条項/ マンションの登記の条項/ マンション管理の問題点/ マンションの専用使用権/ 建売業者の信用調査/ 建売住宅の価格/ 敷地の広さと周辺の環境を調べる/ 建物の構造体に注意/ 建売住宅購入の契約と登記の注意/ 建売住宅の売主の責任/ 建売住宅の場合どんな欠陥を修補してくれるか/ 中古住宅の上手な購入法/ 中古住宅購入の契約と登記の注意/ 担保に入っている住宅の購入/ 借地権付住宅の購入/ 中古マンションの購入/

       copyrght(c).間取りガイドドットコム.all rights reserved

スポンサード リンク

プライバシーポリシー