施工業者の選び方

設計がきまったら、次に、施工業者を選びます。施工業者を選ぶ方法も、設計者を選ぶ場合と同様、自分が建てようとしている工事の規模にあわせて選ぶことです。
住宅ならば、個人の注文住宅を多く手がけている業者を選びましょう。
規模の大きな会社に小さな工事を依頼すると、経費などの点で割高になります。また、小さな会社に大きな工事を頼むと、工事機械の損料などで高くつきます。
いくつかの候補があがったら、その施工業者の仕事ぶりを確かめることです。前に工事をした家を紹介してもらい、単独でその家を訪問して、その家の人から直接、家のできぐあい、工事の進め方、工事中の態度、などをよく聞いてみましょう。
設計を頼んだ場合は、その設計者なり、設計事務所で何軒かの工務店を紹介してもらい、そのなかから選ぶという方法が簡単といえるかもしれません。

スポンサード リンク
間取り

業者の信用を調査するには、建設業者を監督する役所で業者についての書類を見せてもらって検討するのが一番確かです。係官に訪ねればトラブルの有無もわかるでしょう。また、住宅金融公庫でも、請負人の選定について、次のような指導をしています。
許可業者であること(各都道府県の担当課で調査)
建物を建てようとする場所になるべく近い業者を選ぶこと。
歴史のある業者を選ぶこと。
その業者が過去において事故を起こしたことがあるかどうか、公的機関(都道府県の建設業担当課など)に問い合わせて調査すること。
過去にその業者に請け負わせた建主に評判をきいてみること。
設計について住宅を専門とする建築家か業者によく相談すること。
住宅資金を貸し付ける金融機関と相談すること。
建築請負契約書をとり交わすこと。
こうして、設計図面ができ、施工業者の目安がついたら、いよいよ業者をきめるために工事費を見積ってもらいます。見積書をとったり、契約書を交わしたりすることは工事にかかるまでのたいせつな手続です。
昔から工事費を算出するのに、坪単価と必要面積をかけて概算を出すというやり方をしていますが、現在では、住宅の質、設備によって坪単価が大幅に違ってきますから、やはり、見積書で一つ一つ検討していきましょう。
次は契約です。大工や建設会社に依頼して建物を建ててもらう契約を請負契約といいますが、この契約は、仕事の完成を目的とするので、仕事が完成しない以上は、債務を履行したことにはなりません。建主は、完成した仕事に対して報酬を払わなければなりませんが、この報酬は、特約がないかぎり後払いになっています。
報酬のきめ方には、(1)定額請負(工事費の総額を報酬〔契約金額〕とする方式〔坪当たりいくら、総額いくらといったきめ方〕で、施工業者はできるだけ少ない費用で仕事を完成させれば、契約金額と費用の差額が利得となる)、(2)単価請負(各職種別工事をさらに細かい項目に分けた内訳明細書に単価を明示させ、これに建主の示す数量を乗じて契約金額を定める方式)、(3)実費精算請負(建主が工事実費に、施工業者の建築技術や経験に対する手数料を加えて工事金額とする方式)があります。
ふつうの建築請負契約では、(1)の定額請負か(2)の単価請負によりますが、町の大工さんとの契約では、(3)の実費精算請負の方式がとられることもあります。この方式は、一見安上がりのようですが、よほど信頼できる大工さんでなければたのめないでしょう。

間取り
マイホーム入手法/ 分譲住宅を購入する/ 借地に家を建てる/ 親族の所有地や借地に家を建てる/ 収入向住宅にする/ 住まいづくりのプラン/ 不動産業者の信用を調べる/ 不動産の取引態様を知る/ 分譲地の傾向/ 分譲地の価格/ 分譲地の現地調査/ 分譲地の規模と面積/ 宅地造成の許可/ 私道負担の有無を確かめる/ 造成前のときは前金保証書をもらう/ 法令上の制限の調査/ 権利関係の調査/ 契約書をつくること/ 手付金の交付/ 交渉預り金/ 他人の権利がついていないか/ 登記と引渡の条項/ 契約での定め方/ 契約不履行と解除/ 土地の引渡と付帯施設/ 間取りの基本的な考え方/ 間取りと家族構成/ 近隣との問題/ 施工業者の選び方/ 契約書作成の注意点/ 手抜工事の見分け方/ ツーバイフォー工法/ 完成引渡時の注意ポイント/ 増改築の場合の注意ポイント/ 増改築と屋根/ 増改築の工事費/ マンション業者の信用調査/ マンションの価格/ マンションの品質鑑別法/ マンションの契約と登記のポイント/ マンションの敷地が借地権のとき/ マンションの担保責任とアフターサービスの条項/ マンションの登記の条項/ マンション管理の問題点/ マンションの専用使用権/ 建売業者の信用調査/ 建売住宅の価格/ 敷地の広さと周辺の環境を調べる/ 建物の構造体に注意/ 建売住宅購入の契約と登記の注意/ 建売住宅の売主の責任/ 建売住宅の場合どんな欠陥を修補してくれるか/ 中古住宅の上手な購入法/ 中古住宅購入の契約と登記の注意/ 担保に入っている住宅の購入/ 借地権付住宅の購入/ 中古マンションの購入/

       copyrght(c).間取りガイドドットコム.all rights reserved

スポンサード リンク

プライバシーポリシー