建売住宅の価格

建売住宅の場合も、原価として土地価格と建物価格が考えられ、それに販売費、経費、利潤を加えた額が算出され、その価額が、その周辺の取引事例と比較して販売可能かどうかということできめられます。このうち原価が大部分を占めますから、建売住宅の価格は、主に敷地価格と建物価格とによってきまるといえます。
敷地の価格は、当然、その立地条件と面積できまります。立地条件も良く、面積も広ければ敷地価格も高くなり、建売住宅の価格も高くなるというわけです。また、建物価格は、建物の面積と質とによってきまります。面積が広ければ価格は高くなるし、質が良ければ同様です。ただし、建物部分については、分譲業者の企業努力によってコストダウンを行ない、これを分譲価格に反映させて安く売っているところもあります。

スポンサード リンク
間取り

建売住宅は、注文住宅よりも安いはずです。土地にしても、住宅の部材にしても、業者が計画的に、大量に仕入れを行ない、職人も計画的に使用できるからです。むろん、できあいの住宅であり、その点、注文住宅に比べて居住性などの点では劣ります。
しかし、同じ条件の建売住宅のなかでも、価格には多少の差があります。というのも、コストダウンの努力、あるいは業者の利益の差、営業費、経費のかけかたの違いなどによって価格に違いが出てくるからです。一般に、宅地造成から工事、販売完了までが種々の問題で難航していれば、営業費、経費もかさんでいるとみるべきでしょう。したがって、これらのことを順において同じ条件のものでも、できるだけ割安のものを見つけましょう。
そのためには、一つの物件で購入をきめてしまわずに、いくつかのものを見て、価格と同時に、敷地、建物、立地条件、付帯設備などを丹念に比較してみることが必要です。
ただ問題は、あまり経済性ばかりに気をとられていると、欠陥建売をつかんでしまうことがあります。建売住宅には、違法建築や、手技工事のものが多いので十分注意しましょう。極端に安いものにはどこかに欠陥があると思ってよいでしょう。
土地価格と建物価格とのバランスは、立地条件や敷地の広さ、建物の大きさなどによって違ってきます。
建売住宅のパンフレットには、土地価格と建物価格を区別して表示していないものもありますが、業者に分譲価格の内訳を聞いてみて、それぞれの価格を土地面積、建物面積で割って坪当たりの単価を出してみましょう。そして土地の単価は、周辺の地価相揚と比べて適正かどうか、また、建物単価は、注文建築で建てた場合と比べてどうかを検討してみれば、価格のチェックができます。
建売りの場合、完成した建物ではなく、これから建築していくという型(オーダー方式)があります。購入者の希望を取り入れて、間取り、デザイン、仕様、設備などを変更していくものです。この型の場合には、契約してから建物の完成までの期間が長くなるため、建築費上昇など経済情勢の変化があると価格の値上げを請求されがちです。請負契約の場合は、建設業法の適用があり、契約書に物価スライド条項があれば、比較的値上げがみとめられますが、売買の揚合は、宅建業法が適用され、契約後は値上げできないことになっています。この型の建売りの場合、大部分は売買による契約方式をとっていますから値上げに応ずる必要はないわけです。なかには前金保全措置を逃がれるため、土地については売買、建物については請負契約を結ぶ業者も見受けられます。請負契約書を用いた場合は、価格の値上げをされる恐れがあるばかりか、前金の保全もなされないことになります。この点を確認して、売買契約書にしてもらうように主張すべきです。いずれの場合も、規格の型に変更を加えると割高になることを心得ておかなければなりません。必ず設計図、仕様書、見積書を見て、どこまでが規格のタイプかを確認しておきましょう。

間取り
マイホーム入手法/ 分譲住宅を購入する/ 借地に家を建てる/ 親族の所有地や借地に家を建てる/ 収入向住宅にする/ 住まいづくりのプラン/ 不動産業者の信用を調べる/ 不動産の取引態様を知る/ 分譲地の傾向/ 分譲地の価格/ 分譲地の現地調査/ 分譲地の規模と面積/ 宅地造成の許可/ 私道負担の有無を確かめる/ 造成前のときは前金保証書をもらう/ 法令上の制限の調査/ 権利関係の調査/ 契約書をつくること/ 手付金の交付/ 交渉預り金/ 他人の権利がついていないか/ 登記と引渡の条項/ 契約での定め方/ 契約不履行と解除/ 土地の引渡と付帯施設/ 間取りの基本的な考え方/ 間取りと家族構成/ 近隣との問題/ 施工業者の選び方/ 契約書作成の注意点/ 手抜工事の見分け方/ ツーバイフォー工法/ 完成引渡時の注意ポイント/ 増改築の場合の注意ポイント/ 増改築と屋根/ 増改築の工事費/ マンション業者の信用調査/ マンションの価格/ マンションの品質鑑別法/ マンションの契約と登記のポイント/ マンションの敷地が借地権のとき/ マンションの担保責任とアフターサービスの条項/ マンションの登記の条項/ マンション管理の問題点/ マンションの専用使用権/ 建売業者の信用調査/ 建売住宅の価格/ 敷地の広さと周辺の環境を調べる/ 建物の構造体に注意/ 建売住宅購入の契約と登記の注意/ 建売住宅の売主の責任/ 建売住宅の場合どんな欠陥を修補してくれるか/ 中古住宅の上手な購入法/ 中古住宅購入の契約と登記の注意/ 担保に入っている住宅の購入/ 借地権付住宅の購入/ 中古マンションの購入/

       copyrght(c).間取りガイドドットコム.all rights reserved

スポンサード リンク

プライバシーポリシー