台所とユーティリティ

 住まいの中で、ここは目に見えない機械の歯車のようなところで、必要ではあるがとかくあとまわしになり勝ちです。このことは反動的に、商魂たくましい台所ファッションの花咲かりでもあります。戦後の公団住宅の台所セットを第一歩として、各種メーカーが台所設備の各種セットを提供してから、高級なシステムキッチンに至るまで、さまざまのスタイルのものがみられます。

スポンサード リンク

 住まいの質をよくするということは、よい材料を使って仕上げをよくするということではなくて、そのような見掛けの問題よりも、生活の上の実質的な部分が大切なのです。無駄な労力を最小にとどめて家族の団らんや休養の時間が充分とれるようにし たいものである。住まいの中での楽しさをふやすということは、インスタント食品で料理時間を減らすとか、外食で時間を節約するという意味ではなくて、料理すること自身に生活の楽しさを感ずるような、建築的な配慮と設備が考えられてほしいということである。
 料理も含めて家庭での雑事を気持よく、手ばやく処理していけるような場所と施設をととのえることが、生活をより快適にする手段である、ということが次第に定着されてきたようです。家庭での雑事といえば、料理のほか、洗濯、風呂たき、アイロン掛けなど取りとめのないようなことが多い。これをやり易いように、またもっとも短い動きで処理できるように動線を処理し、設備をととのえる。近時改良されたもののうちで、台所設備はもちろんのこと、電気洗顔機、乾燥機、風呂や暖房のためのボイラーその他機器の発達普及はめざましく、多くの家庭での常備品の一つになっている。
 しかし住まいの中で、そのためにはじめから場所を考えてあるのは少なく、あってもまことに粗末なもので、すべて間に合わせが多い。汚れ物の処理、洗濯機のための給排水、それに必要な付属品の置場、収納設備などについての考慮が少ない。器具のみが生活のアクセサリーとして先行している状態です。ミシン掛け、アイロン掛けなどの場所と設備となると更に関心がうすく、その場その場の間に合わせですませているため、家事労働の損失が大きいばかりでなく楽しさが失われています。広い面積の住まいで、人手が充分にあればやりくりできますが、小住宅で主婦だけの場合など生活が混乱するだけです。一般に主婦が台所の仕事をし、家事も一人で処理することを考えると、これらの場所は、できるだけ連絡よく隣接しているほうがよいでしょう。
 台所を中心にして洗濯やボイラー、風呂たきなどを含む場所と、アイロン掛け、ミシン掛けなどを含む家事室を隣接させます。それぞれが次に連絡を必要とする場所と接続させます。
 もちろんそれぞれが独立の部屋にする必要はなく、むしろ互いに連絡する通路が脹らんで、そのための場所となったと考えた方がよいでしょう。
 またこの部分は、住まいの中で配管設備、電気設備の集中するところであるから、平面的にも設備コアとしてまとめたほうが便利です。
 ユーティリティとか台所は洗濯物などの関係から戸外との連絡口ともなるので、カーポートのある場合はこの部分が住宅の常時の出入口ともなります。ついでに、家庭工作や修理用の作業台なども、ここにおかれることが多い。スペースについては他室との関係や住み方によって多少異なるようです。

間取り
間取りの基本/ 地割りの基本/ 住む人と部屋の性格/ 住宅での畳と椅子/ 寝室は布団敷きかベッドか/ 住宅での団らんや接客/ 台所とユーティリティ/ 浴室や洗面所と便所/ 通路と応用/ 収納と空間利用/ 和室と床の間/ 神棚や仏壇などの習俗について/ 家相のこと/ 住まいの中の遊び/ 動線に沿った空間/ 空間のつなぎ方/ 階段の遊び/ 環境の一部としての住まい/ 屋根の形/ 日本家屋の屋根/ 外壁と開口部/ 建物の基礎/ 部屋と庭との境目/

       copyrght(c).間取りガイドドットコム.all rights reserved

スポンサード リンク

プライバシーポリシー