住宅の理想像

自分の住宅を自分の思うとおりに建てたいということは、各個人が、それぞれの生活機能の開発をめざして、創造性を発揮しあうという点で結構なことです。人は自分の好みの服を着るように、住宅もまた自分の好みに応じたものが選択されれば理想的です。ただ全ての人々が一戸建住宅を建てるとすると、日本の農業を逼塞せしめるほどの膨大な土地が必要になります。しかし、その心配はなく、自分の家を建てる、あるいは一戸建住宅を所有するということは、将来においても経済的に大きな負担となり、誰にでも可能なことであるとは思えないからです。例えば結婚したての若い家族などの場合、普通ではとうていそれは望みうべくもありません。それは昔から、子供が教育を終えて自立し、やっと経済的にも楽になってくる年代の人たちの楽しみとして残されていたものでした。そう考えれば一戸建ということもまた、ある年代の人々にとっての、もっとも強い関心事であって、誰でも今すぐにそれを強く欲しているという性質のものではありません。それはまた単に経済的な問題ばかりではありません。一戸建は一つの夢ではあるかもしれませんが、例えば共働きの若夫婦にいますぐ一戸建が与えられても、かえって住みにくいという事態が起きます。彼らには、その瞬間においては、鍵一つで自由に家を明けられる高層アパートの方が、ずっと住みよいはずです。一戸建もまた、全ての人々に対し、すべての瞬間における理想住宅たりうるものではないのです。

スポンサード リンク
間取り

以上のことのほかに、住宅の将来像を考える際にもう一つの重要な問題があります。それは、持家か借家かという問題です。一戸建住宅は、土地を含めて個人所有しやすいのですが、高層アパートは、個人所有という感覚にはなかなかなじみにくく、高層アパートが敬遠されたことの理由の一つに、人々の持家志向があったのではないでしょうか。そして、持家か借家かという問題は、単なる人間の所有欲の問題以上に、資本制社会においては、住宅の経済財的な意味が加わってくるように思われます。住宅を一個の経済財と人々がみなしているという問題は、住宅の将来像を考えるうえでも見落とせない重要なポイントの一つといえます。
何かにつけて、一般的に日本人は個人所有欲の強い国民です。それというのも、日本では人災を含めて、もろもろの災害がやたらと多く、気侯や風土からしてそうです。そこで、まさかの場合にということで、いま直ちに必要ないものであってもとっておこうという習慣が、私たちの身についています。夫に死なれてしまっては、家賃どころか、母子がその日その日を会っていくのがやっとです。そうなると家賃は滞納となります。夫が死亡するというアクシデントがまさかの場合が起こったとき、借家に住んでいれば、このような悲惨な事態が起こらないでもありません。もしこれが持家では誰かに間貸しをしてでも日銭になります。追いだされるのと、部屋代の収入が入ってくるのとでは、雲泥の差があります。人々が持家を望むのも、現在のような社会ではある意味で当然のことかもしれません。備えあれば憂いなしという度民の知恵は、住宅の場合にもあてはまるようです。
以上のように、多くの人々がなぜ郊外の庭つき一戸建住宅を願望するのか、それは本来どういう意味をもつものかを分折的に考えてみると、これは最近の都市の過密化にともなうさまざまな弊害、公害、交通事故、高地価等があって、それらからの脱出を考えている人々が多いことも事実です。したがって、現在の都市の悪化状況が、人々をしてより郊外住宅へと希望せしめていることには違いありませんが、本質的に、都市とその郊外とは、人間の生活環境としてそれぞれ異なるものを内蔵していることに注目しないわけにはいきません。その結果、人々が郊外庭付一戸建住宅を求める願望の底には、多くの建築家や近代主義者が済ますことのできない、いくつかの真実が存在していることをみないわけにはいかないのです。そのような願望を一概に小市民的といって片づけていたのでは、いつまでたっても進歩的、近代主義的インテリと庶民の感覚との問のズレが解消されず、住宅の将未像のイメージが確立されません。
高層アパートを主張する進歩的、近代主義的インテリ自身にも、意識と行動のうえでの二重構造があるのをどう考えるのか。例えば壮大な高層アパートや、立体的な都市像を描く高名な建築家のほとんどが、自らは豪壮な一戸建住宅を構えている多くの事実をみると疑問に感じます。全ての人々に一戸建住宅を保証するほど、日本の国土には空間的余裕がありません。そして一戸建住宅もまた、全ての人々の、全ての瞬間における理想の、または真に願望している住宅像であるかどうかにも疑問があります。

間取り
住み方の課題/ 暮らしと住まい/ 住まいと住み方/ 日本の住まい/ 狭小過密住宅/ 居住環境の悪化/ 家風の喪失/ 住み方の解説書/ 応接セット/ 動線理論/ 家具の機能/ 家具の配置/ 物の分類/ 住まいの物の共有化/ 住まいの物の保有量/ 整理収納/ 住まいの管理、サービス制度/ 住まいの理想/ 一戸建住宅の理想/ 一戸建住宅の願望/ 住宅の理想像/ 住宅の将来/

       copyrght(c).間取りガイドドットコム.all rights reserved

スポンサード リンク

プライバシーポリシー