プレハブ住宅企業化

明治初期すでに、外人建築家によって鋳鉄柱を用いた鉄骨造の工場建築がプレハブ方式で建てられ、また実現はしませんでしたが、外人E.ナウマンの鉄骨プレハブ住宅の設計図が発表されており、さらに大正時代に入って関東大震災直後に、アメリカからトラスコン式とよばれる鉄骨のプレハブ建築が輸入され各地に建てられたということです。一方でコンクリートプレハブは大正8年の上野平和博覧会に伊藤為吉がプレキャスト部材を使ったのが最初といわれます。このように日本におけるプレハブ建築ないし技術の歴史は案外に古く、いずれにしても明治、大正期のそれはむしろ外部から与えられたもので、日本の工業技術水準に根ざした日本人自身による自主的開発の産物ではなく、また、日本にそれを主体的に発展させるだけの需要上、技術上の必要性も可能性もなかったというべきです。そして日本のプレハブ技術、特に住宅のそれが実質的にその第一歩を踏み出すのは、昭和に入って数年を経過してからのことでした。

スポンサード リンク
間取り

欧米では第一次大戦後、組積造を中心とした在来の現場施工方式から新材料、新工法による建築の工場生産方式への移行、いわばプレハブ化を目標とした近代建築運動が発展しましたが、その最も有名なのがトロッケンバウです。これは、1927年のシュトットガルトの住宅展にグロピウスが出品した住宅の工法に与えられた名称に由来しますが、いわゆる乾式工法として理解されています。そしてこの工法は単に情報として紹介されただけでなく、市浦健、土浦亀城、蔵田周忠氏ら当時の新進建築家によって、自邸の設計、施工を通じて実試されました。このことは日本の建築家が初めて自主的、積極的にプレハブ技術に挑んだという意味で、日本のプレハブの実質的な出発点といえます。しかし、現場での水の使用を滅らしてこれに代わるボード類を多量に用いようとする乾式工法は、当然に新材料の工場生産技術とそれに対応した施工技術、職人技能の一定水準を前提としますが、当時の日本にはそのような背景がなく、むしろ特定の建築家の意識だけが先行した結果、運動としても必ずしも成功したとはいえません。しかし在来工法の殻を破り、建築生産の合理化を追求しようとした態度は、その後のプレハブ技術の歩みへの影響をみるとき、高く評価されます。
その経験は、日中戦争、太平洋戦争と進行するなかで、住宅営団によって、徴用労働力確保のための労務者用住宅のプレハブ化として継承されました。営団は昭和16年末、木造パネル式組立住宅を施作して、建築労務、資材の節約と急速大量の住宅供給という戦時の要請に応じたのです。しかし中心目標が必要戸数を短時間に建設することにあって、純粋に建築生産の合理化を追求するには制約が大きすぎ、十分な成果を期待することは元来無理であったといえます。しかしまた、建築生産工業化の長い道程において必ず通らねばならない地点を通過した貴重な経験でもありました。すべてに不足した戦時にあっての建築技術者の努力を多とすべきです。
この営団の活動は、戦争終結とともに今度は戦後の住宅難に対処するための応急簡易住宅の建設という形で、その本領を発揮します。営団が終戦から半年間に4万戸の簡易住宅を建設し、また加速的なインフレのなかでその坪当り建築費を市価の1/2から1/3に押えたことは国庫補助の特典を考意してもやはりプレハブ技術の欲果とみるべきです。そして組立パネルの生産には平和産業への転換を要請された木製飛行機工場の施設も利用し、その企業化への道を開いたのです。
一方で乾式工法、木造組立住宅の開発とは何の連携もなしに、鉄筋コンクリート造建物のプレハブ化が、日中戦争のさなか、戦時の要請としての都市の不燃化とその急速な建設とを目的に、組立式RC防火柱の研究という形で着手されました。この研究は、戦後まで続けられ、戦後の多くのプレキャストコンクリート工法を開化させる基礎を作った貴重な研先です。ただ、それが当時の建築界全体の支持協力関係のもとで行なわれたというより、むしろ個人的、閉鎖的な形で進められたことは、プレハブ技術の素直な発展にとって不幸なことであったといわなければなりません。

間取り
住宅生産技術の体系/ 居住性の技術/ 材料生産の技術/ 住宅生産技術/ 住宅生産の性格と技術/ 建築技術一般での住宅生産技術/ 住宅生産の歴史と将来/ 住宅のプレハブ化と工業化/ 住宅生産工業化/ 工業化工法の発展/ 宅造技術と住宅生産技術/ キュービックシステムの普及/ 設計・監理費/ 建築材料と施工の機械化/ 建築の部品化と工業化/ 生産性の向上と建築費の変化/ 住宅の種類と設備工事/ 材料費の比率と変動/ 賃金の上昇と作業内容の変化/ 建築生産の近代化/ 住宅建設の実績とネック/ 住宅工業化の歴史/ 住宅生産工業化の方向/ プレハブ住宅の概念/ プレハブ住宅の種類/ 工業化とプレハブリケーション/ 住宅問題とプレハブ住宅/ プレハブ住宅企業化/ PC工法による企業化の発展/ プレハブの範囲と区分/ プレハブ住宅の生産と販売/ 家族構成と生活空間/ 住居空間/

       copyrght(c).間取りガイドドットコム.all rights reserved

スポンサード リンク

プライバシーポリシー