都市コミュニティ

田園都市の伝統をひくイギリスのニュータウンでは、適正な規模で職場と住居をつつみこみ、そこに自己完了的なコミュニティをつくり出すことが伝統的に強く意図されてきました。また中国の人民公社やイスラエルのキブツといった社会主義的コミュニティにおいても、生産と消費とは切り離せないものとしてコミュニティ形成の基本とされてきています。これに対して日本の従来の住宅団地開発は基本的に母都市であるマンモス都市に職場をもつ労働者のねぐら、ペッドタウンとしての住宅政策上の性格が付与されてきたために、住民の定着性および地域社会に対する帰属意識が薄く、コミュニティ形成の基盤が弱いとされてきました。たしかにマンモス都市に職場をもち、消費生活の多くもそこで済ますベッドタウンの住民たちの重大な関心が、近隣の生活よりもむしろ大都市に向けられ、コミュニティの一員としてではなく、大都市人口の一人としての意識に支配されるという事態は、近隣生活において共通の関心、利害関係が薄い以上当然起こってくることです。このようなベッドタウンにおけるコミュニティの空白状態は、古い農村型のコミュニティと比較した場合に、煩わしさからの解放という意味では、たしかに先進的な一面を有しているのではありますが、同時に民主主義の発展という観点に立った場合、非常に危険な面を有しているといわなくてはなりません。

スポンサーリンク
間取り

民主主義の基礎は、住民自治の原則つまり住民の自発的な政治参加にあります。とすれば、コミュニティはその基礎細胞としての重要な役割を果たすべきものではないでしょうか。特に最近のように町村合併、府県合併、道州制といった行政の広域化、中央集権化が進むなかでのコミュニティの役割は、政治を身近かなところに引き戻すためにとくに重要であると考えられます。ペッドタウンにおけるコミュニティの空白状態は、住民をひとりひとりバラバラの状態にしてしまうことを意味し、彼らはそういう状態のなかで、一方で閉鎖的な家庭生活にとじこもり、他方で消極的な商業娯楽に身をまかすという方向に、生活を分解させられてしまいつつあります。これはまさに民主主義の当面する非常な危機であるといっても過言ではありません。
都市規模の大団地において、この問題をどう考え、どういう方向を是とすべきでしょうか。将来の大都市の土地利用構成は、しだいに住居や緑地、商業や業務、工業地域の専用化によって、より大きなブロックの色分けで塗りかえられようとしています。労働時間が短縮され、余暇時間が増大するならば、人々はより長い時間を住居付近で過ごすことができるはずです。そしてその長い時間をいかに過ごすかということが、将来の人々の生活の最も大切なことの一つになってくるにちがいありません。
人々は互いに集まり、気の合ったものどうしが互いに交歓しあって、豊かで創造的な余暇生活を始めるはずです。都市の性格は、生産と流通の谷間で人々が公害の渦に巻きこまれつつ細々と暮すという、現代的にひずめられた状態から、豊かな人間関係をつくり出すための場ヘと大きく変革される必要があります。そして新しい都市生活は、人々が最も長い時間を過ごす住居地域を中心に考えられねばなりません。まさに大団地は、この大きな課題に応えるべく、豊かな施設と優れた環境をもった住宅都市としてつくられる必要があります。千里ニュータウンの計画過程において、この大団地の建設の積極的な意義づけとして、基本的に採用されました。そして、千里ニュータウンは、在来のねぐら型のベッドタウンではありません。より豊かな都市生活を保証したホームタウンであるというキャッチフレーズが、計画者によって大きく唱えられたのです。
しかし、これらの考え方は、発想としてはなるほど正しい面をもっていますが、現実の問題としてみると、様々な矛盾があります。例えば労働時間の短縮、余暇時間の増大ということが、現実には通勤時間の増大ということでマイナスの方向に進んでいる事態、あるいは物価騰貴と消費生活の拡大によって、賃金の相対的かつ慢性的な不足状態が起こり、余暇時間の増大が内職へとふりむけられている事態などからして、ホームタウンの思想がそう早く実現しそうな気配はありません。そして、遠い将来、その時代がやってきたころには、現在考えているような都市機能はほとんど時代遅れになってしまうかもしれないのです。このようにホームタウンにおける新しい都市コミュニティの創造という耳ざわりの良い言葉は、現実の問題に照し合わせると、大団地の建設を合理化するための宣伝臭をかくしきれません。

間取り
建売住宅と分譲住宅/ 建売住宅と分譲住宅の意義/ 住宅経営と生産機構/ 技術過程と経営過程の特徴/ 鉄筋コンクリート分譲アパート/ 分譲アパート経営の特徴/ 住宅市場/ 民間宅地経営と住宅問題/ 田園都市/ 宅地経営の推移/ 宅地経営の特質/ 宅地開発適地の選定と用地の取得/ 宅地造成と商品化/ 郊外宅地開発/ 住宅経営の特質/ 住宅の特性/ 私鉄による住宅経営/ 大団地の出現/ 都市コミュニティ/ 大団地開発の効果/ 住宅管理の意義/ 近代的住宅管理/ 住宅管理と人間関係/

       copyrght(c).間取りガイドドットコム.all rights reserved

スポンサーリンク

プライバシーポリシー