建築工事のため隣地に立入ることができる

今度家を改築したいと思いますが、どうしても隣地に足場をつくる必要が生じました。隣りの人が拒否したらどうすればよいでしょうか。壁を塗るのに隣りの屋根にのぼらせてもらえれば都合がいいのですが無理でしょうか。
民法では、土地の所有者は、境界またはその近くで牆壁(塀や柵など)やら建物を築造し、またはこれを修繕するために必要な範囲内で、隣地の使用を請求できることとなっています。これがふつう隣地立入権といわれているものです。この立人権は工事のために隣地の立入りがどうしても必要な場合にかぎり認められ自分の敷地内でどうにか工事ができる場合には認められません。本問の場合、改築のためにどうしても隣地に足場をつくる必要があるようですので、改築に必要な範囲内にかぎって隣地への立入りは認められます。

スポンサーリンク
間取り

あなたの立入りに対して隣人が拒否する場合には、二つの考え方があります。まず、工事のための隣地使用の請求は立入権者の一方的な意思表示でよいのであって、これに対して請求された隣人は当然これを受忍する義務を負うものであるとする考え方です。次に、立人権は、隣人の承諾を求める請求権であって、もし隣人の承諾がえられない揚合には、裁判所に訴えて承諾にかわる判決をえる必要があるとする考え方です。
民法は、隣人の住家に立ち入る場合について特に規定し、そこでは隣人の承諾がなければその住家に立ち入ることはできないとしています。このことから逆に解釈しますと、隣家ではなく、単に隣地に立ち入るに過ぎない場合には、隣人の承諾は不要といえるかもしれません。しかし、毎日隣り同士に住んでいるという現実から考えますと、隣地に立ち入る場合にも隣人(隣地所有者、隣地が地上権者や賃借人によって利用されている場合にはその地上権者や賃借人)の承諾が必要と考えるほうが妥当でしょう。
隣人の承諾は不要であると考えれば、隣人の拒否に対しても心配することはないのですが、隣人の承諾を必要とすると考えると、隣人に立入りを拒まれた場合、隣地の一時的使用ができません。そこで、裁判所に訴えて承諾にかわる判決を求め、その判決が確定しますと、隣人が承諾したのと同一の効果が生ずることとなります。また訴訟をする時間的余裕のないときには、裁判所から仮処分命令をもらい、これによって目的を達することもできます。
次に、壁を塗るのに隣家の屋根にのぼらせてもらう問題ですが、壁を塗るのに、どうしても隣家の屋根にのぼる必要があるのであれば、あなたはそれを隣人に対して請求できることとなります。もっとも、この屋根にのぼるということを隣地への立入りと同じに扱うことは問題があります。この場合は、隣地ではなく隣家への立入りに準じて考えるほうが妥当でしょう。前述したように隣人の承諾が必要になります。これは隣地への立入りにくらべて、隣人の生活領域への介入の度あいが大きいからです。そして、隣人の自由な意思を尊重するたてまえから隣家への立入りの承諾がえられない場合でも、判決をもって承諾にかえる方法はないのです。ただし、隣人の拒否が権利の濫用となる場合には、隣人はあなたの請求を拒むことはできません。
なお、隣地へ立ち入ったり、隣家の屋根にのぼったりして隣人が損害を受けた場合には、隣人は償金を請求できることになっていますので、あなたとしてはその請求に応じて償金を支払うことになります。

間取り
隣りが境界ギリギリに家を建てている/ 境界ギリギリに家を建てられる場合/ ビル工事と工事前の事故予防対策/ 建築工事のため隣地に立入ることができる/ 地下掘削工事により家が傾いたとき/ 建築物用地下水の汲み上げにより家が壊れたとき/ 工事の繰り返しで地盤沈下し家が壊れた/ 工事人の過失で家が壊れた/ 通行中に工事の落下物でケガをしたとき/ 他人の土地を通さなければ水道ガス管を引けないとき/ 隣りまできている水道ガス管から分けてもらうには/ 工場の地下水の汲上げで井戸が涸れた/ 道路工事で私道の水道ガス管が壊されたとき/ 地下鉄工事で水道管が破裂したとき/ 個人専用の電柱から電気をひくには/ 高圧線が通っている土地を買ってしまったら/ 隣りが盛土したために雨水が流れ込み水たまりになった/ 雨水が隣りから直接注ぎ込む場合/ 他人の土地を通さなければ下水を流せないとき/ 隣地を通っている排水管の修理/ 共同の排水溝の管理費用の分担/ 住宅地の下水が田に流れこんでくる/ 浄化槽が台所の近くに造られたとき/ 共同の浄化槽の管理費用の分担/ 便所の汲取のための隣地の使用/ 違反建築でない建物による日照妨害/ 日照妨害により生計のための鳥が死亡/ 建築協定付の土地を買うと/ 崖崩れで近所の家を壊したとき/ 隣りの失火により家が焼けたとき/ 借家人の失火により家を焼いたとき/ 工事現場の溶接の火花で家が焼けたとき/ 住宅密集地でプロパンガスが爆発したとき/ 危険物運搬車の事故で家が焼けたとき/ 隣りが火事のときに投げ込まれた荷物/ アパートの隣室の音がうるさいとき/ アパートの隣人の失火で家財道具が焼けたとき/ アパートの階上の人の過失で水漏れしたとき/ 分譲マンションの管理費が不当に高いとき/ 分譲マンションの管理会社の変更/ 分譲マンションの屋上は共有/ ペット禁止の特約のあるアパート/ 団地の水洗トイレの管理/ 団地の火事の消火の水で水浸しになったとき/ 分譲マンションの専用部分の修繕/ 近所の商店で共同ビルをつくるには/ 再開発組合の決定に反対できるか/ 共同ビルの立て替えは反対者が一人でもいればできない/ 商業地域における日照妨害/ ビル工事の騒音振動による売上減少/ 隣りの工場の騒音振動で営業ができないとき/ 附近一体の地盤沈下で営業できないとき/ 電光版がビルに遮られて売上損害をうけたら/ 眺望を遮られて商売上の損害を受けたら/

       copyrght(c).間取りガイドドットコム.all rights reserved

スポンサーリンク

プライバシーポリシー