工事の繰り返しで地盤沈下し家が壊れた

私の住んでいるところは、今度、団地やショッピングセンターが建設されることになり、地下鉄工事やビル工事が盛んですが、最近附近一帯地盤沈下を起こし、雨漏りしたり、建て付けが悪くなった家が続出しています。どこの工事によるものか原因がはっきりしませんが、誰に損害を賠償してもらったらよいでしょうか。
地下鉄工事やビル工事に起因して地盤沈下がもたらされ、そのために雨漏りがしたり建て付けが悪くなったりした場合、その工事のやり方について不法行為(故意または過失により違法に他人に損害を与える行為)の要件が備わっているならば、被害者は加害者に対して、その被った損害の賠償を請求することができます。そして、このような損害賠償の請求ができるのは、加害者が単独である場合にかぎらず、本問の場合のように、附近一帯に、A・B・C・D工事といったように、複数の地下を掘削する工事がくり返して行なわれ、それらのすべての工事が共同の原因となって地盤沈下がもたらされたとすれば、共同不法行為が行なわれた場合ということになって、それらの工事をした者は、共同不法行為者として連帯して損害賠償の責任を負うことになります。

スポンサーリンク
間取り

まずA・B・C・Dの各工事をした者について、それぞれ独立して不法行為の要件がそなわっていなければなりません。すなわち、各工事をした者にそれぞれ故意過失があり、また、各工事における地下掘削と損害の発生との間に因果関係があることと、各工事をした者の行為は関連共同して損害の原因となることを必要とします。そして、この関連共同には、行為者の共謀はいうまでもなく、共同の認識も必要でなく、その行為が客観的に関連共同していればよいというのが一般的な考え方です。
附近一帯にA・B・C・D等々の複数の工事が行なわれ、それらのすべての工事が地盤沈下をもたらす共同の原因となっていることはたしかであっても、どの工事をした者が直接の加害者となっているか不明である場合は、この各工事をしたすべての者が共同不法行為者として連帯して責任を負うことになります。
各工事は、いずれも請負契約によってなされているものと考えられますが、被害者は、誰に対して損害賠償の請求をすればよいかということが問題となります。この点は、各工事の注文者は、注文または指図について過失のないかぎり、原則として責任を負わず、請負人が損害賠償の義務を負うことになります。そして、A・B・C・D等の各工事の請負人は連帯して責任を負うことになりますから、被害者は、各工事の請負人全員を相手方として損害賠償の請求をすることができます。各工事が下請業者によりなされた場合にも、元請業者が下請業者と連帯して責任を負うべき場合があります。
いずれにしても、ABCD各工事の建設会社と話しあい、話しあいかつかないときは訴訟で解決することになるのですが、その前に都道府県の建設業者の取締り、監督をしている課(建築指導拓殖政課か土本部管理課)に相談し、業者との斡旋をしてもらうとよいでしょう。

間取り
隣りが境界ギリギリに家を建てている/ 境界ギリギリに家を建てられる場合/ ビル工事と工事前の事故予防対策/ 建築工事のため隣地に立入ることができる/ 地下掘削工事により家が傾いたとき/ 建築物用地下水の汲み上げにより家が壊れたとき/ 工事の繰り返しで地盤沈下し家が壊れた/ 工事人の過失で家が壊れた/ 通行中に工事の落下物でケガをしたとき/ 他人の土地を通さなければ水道ガス管を引けないとき/ 隣りまできている水道ガス管から分けてもらうには/ 工場の地下水の汲上げで井戸が涸れた/ 道路工事で私道の水道ガス管が壊されたとき/ 地下鉄工事で水道管が破裂したとき/ 個人専用の電柱から電気をひくには/ 高圧線が通っている土地を買ってしまったら/ 隣りが盛土したために雨水が流れ込み水たまりになった/ 雨水が隣りから直接注ぎ込む場合/ 他人の土地を通さなければ下水を流せないとき/ 隣地を通っている排水管の修理/ 共同の排水溝の管理費用の分担/ 住宅地の下水が田に流れこんでくる/ 浄化槽が台所の近くに造られたとき/ 共同の浄化槽の管理費用の分担/ 便所の汲取のための隣地の使用/ 違反建築でない建物による日照妨害/ 日照妨害により生計のための鳥が死亡/ 建築協定付の土地を買うと/ 崖崩れで近所の家を壊したとき/ 隣りの失火により家が焼けたとき/ 借家人の失火により家を焼いたとき/ 工事現場の溶接の火花で家が焼けたとき/ 住宅密集地でプロパンガスが爆発したとき/ 危険物運搬車の事故で家が焼けたとき/ 隣りが火事のときに投げ込まれた荷物/ アパートの隣室の音がうるさいとき/ アパートの隣人の失火で家財道具が焼けたとき/ アパートの階上の人の過失で水漏れしたとき/ 分譲マンションの管理費が不当に高いとき/ 分譲マンションの管理会社の変更/ 分譲マンションの屋上は共有/ ペット禁止の特約のあるアパート/ 団地の水洗トイレの管理/ 団地の火事の消火の水で水浸しになったとき/ 分譲マンションの専用部分の修繕/ 近所の商店で共同ビルをつくるには/ 再開発組合の決定に反対できるか/ 共同ビルの立て替えは反対者が一人でもいればできない/ 商業地域における日照妨害/ ビル工事の騒音振動による売上減少/ 隣りの工場の騒音振動で営業ができないとき/ 附近一体の地盤沈下で営業できないとき/ 電光版がビルに遮られて売上損害をうけたら/ 眺望を遮られて商売上の損害を受けたら/

       copyrght(c).間取りガイドドットコム.all rights reserved

スポンサーリンク

プライバシーポリシー