他人の土地を通さなければ下水を流せないとき

私の家の近辺も、公共の下水道が完備されることになりましたが、私の家は高い所にあり、排水管を低地である隣りのAの土地を通さなければ、下水道につなぐことができません。ところがAは、何度たのみにいっても土地の使用を認めてくれません。どうしたらよいでしょうか。
下水道法によりますと、公共下水道ができた場合は、その排水区域内、市町村が公共下水道により下水を排除する旨公示した地域の土地所有者は、その土地の下水を公共下水道に流入させるために必要な排水管などを設置しなければならないとされ、さらに、その場合、他人の土地または排水設備を使用しなければ下水を公共下水道に流入させることが困難なときは、他人の土地に排水設備を設置することができることが規定されています。あなたの場合はまさにこの規定があてはまると思います。したがって、Aは、あなたの申出にしたがって排水管を通させなければならないでしょう。

スポンサーリンク
間取り

さて、このようにあなたは、排水設備のため、Aの土地を使用することができるわけですが、だからといって、思うままにAの土地を使えるということにはなりません。もともと所有権というものは非常に強いもので、他の干渉はこれを排除できる性質をもっています。しかし、これをそのまま許しだのでは、公共事業である下水道設備ができないことになるので、下水道法は、所有権に対する特別の制限を課したのです。そこで、あなたの立場としても、なるべくAに迷惑をかけない方法でこれを使用しなければならないことは、むしろ当然といえましょう。そうした意味あいから、下水道法はさらに、やむおえず他人の土地を使用することができる者は、最も損害の少ない場所、方法を選ばなければならないこと、使用にあたっては、その旨を土地占有者、例えば、土地を借りている人、借家の居住者などに告げること、および他人の土地を使用した者は、その損害を補償しなければならないことなどを規定しています。
このように、下水道法の規定にしたがえば、Aは、あなたの申出を承諾せざるをえないことになるのですが、質問によれば、何度たのみにいっても駄目だというので、その強制の方法が問題となります。
下水道法の規定によれば、市町村の下水道事業の範囲内、つまり、幹線であれば、土地収用法の規定の適用もあるので市町村の強制力によることができますが、本問の場合は疑問です。本問の場合は、ともかく、下水道法の規定でAの土地を使用することを認められているので、Aの拒絶はこれに対する一つの妨害となりますから、裁判所に対して、あなたの排水管設置を妨害するなという裁判を起こさなければならないでしょう。そして、その判決を得た上で排水管設置の工事を始めることになるでしょう。また判決を得る時間的余裕のないときは、裁判所の仮処分命令によることになります。しかし考えてみると、Aとしては、最終的には、あなたの排水管を通してやらなければならないことになるのですから、下水道法の規定のことなども説明して、もう一度話しあってみたらいかがですか。そしてさらに、あなたとしては、土地使用に対して補償をしなければならないのですから、その金額の面などで、折り合える可能性は十分あると思います。

間取り
隣りが境界ギリギリに家を建てている/ 境界ギリギリに家を建てられる場合/ ビル工事と工事前の事故予防対策/ 建築工事のため隣地に立入ることができる/ 地下掘削工事により家が傾いたとき/ 建築物用地下水の汲み上げにより家が壊れたとき/ 工事の繰り返しで地盤沈下し家が壊れた/ 工事人の過失で家が壊れた/ 通行中に工事の落下物でケガをしたとき/ 他人の土地を通さなければ水道ガス管を引けないとき/ 隣りまできている水道ガス管から分けてもらうには/ 工場の地下水の汲上げで井戸が涸れた/ 道路工事で私道の水道ガス管が壊されたとき/ 地下鉄工事で水道管が破裂したとき/ 個人専用の電柱から電気をひくには/ 高圧線が通っている土地を買ってしまったら/ 隣りが盛土したために雨水が流れ込み水たまりになった/ 雨水が隣りから直接注ぎ込む場合/ 他人の土地を通さなければ下水を流せないとき/ 隣地を通っている排水管の修理/ 共同の排水溝の管理費用の分担/ 住宅地の下水が田に流れこんでくる/ 浄化槽が台所の近くに造られたとき/ 共同の浄化槽の管理費用の分担/ 便所の汲取のための隣地の使用/ 違反建築でない建物による日照妨害/ 日照妨害により生計のための鳥が死亡/ 建築協定付の土地を買うと/ 崖崩れで近所の家を壊したとき/ 隣りの失火により家が焼けたとき/ 借家人の失火により家を焼いたとき/ 工事現場の溶接の火花で家が焼けたとき/ 住宅密集地でプロパンガスが爆発したとき/ 危険物運搬車の事故で家が焼けたとき/ 隣りが火事のときに投げ込まれた荷物/ アパートの隣室の音がうるさいとき/ アパートの隣人の失火で家財道具が焼けたとき/ アパートの階上の人の過失で水漏れしたとき/ 分譲マンションの管理費が不当に高いとき/ 分譲マンションの管理会社の変更/ 分譲マンションの屋上は共有/ ペット禁止の特約のあるアパート/ 団地の水洗トイレの管理/ 団地の火事の消火の水で水浸しになったとき/ 分譲マンションの専用部分の修繕/ 近所の商店で共同ビルをつくるには/ 再開発組合の決定に反対できるか/ 共同ビルの立て替えは反対者が一人でもいればできない/ 商業地域における日照妨害/ ビル工事の騒音振動による売上減少/ 隣りの工場の騒音振動で営業ができないとき/ 附近一体の地盤沈下で営業できないとき/ 電光版がビルに遮られて売上損害をうけたら/ 眺望を遮られて商売上の損害を受けたら/

       copyrght(c).間取りガイドドットコム.all rights reserved

スポンサーリンク

プライバシーポリシー