建築協定付の土地を買うと

最近分譲地を買いましたが、ここでは、日照、通風が妨げられることがないように建築協定を結び、建築基準法より厳しい建ぺい率制限を課しています。どういう効力 があるのでしょうか。
建築協定は、市町村の条例で建築協定を締結することができると定められた区域内で、土地の所有権者(建築物の所有を目的とする地上権者、賃借権者を含みます)が、地域環境の向上をはかるために、建築物の形態、用途、構造等の建築物に関する基準などを定めた協定書を全員の合意で作成し、特定行政庁(市町村長あるいは都道府県知事)によって認可、公告されることによって成立します。
この建築協定書には、建築物に関する基準のほか、協定の目的となる土地の区域、協定の有効期間および協定に違反があった場合の措置が定められます。
建築物に間する基準では、建築物の敷地、位置、構造、用途、形態、意匠または建築設備に関して基準を定めることができます。その基準は、土地や建築物の制限を不当に制限するものではなく、かつ、協定の目的に合致している必要があり、建築基準法で定めている制限を緩和するものであってはなりません。したがって、協定による基準は、建築基準法で定める制限より厳しいか、同法で制限されていない事項について新たな基準をもうけるものになります。例えば、住宅地で締結される建築協定では、建ぺい率、高さ、用途などを同法の制限より厳しくしたり、住宅の外壁 を特定の色に限定するなどの基準が定められています。

スポンサーリンク
間取り

特定行政庁は、建築協定を認可するとその旨を公告しますが、この公告がされるとその日以後に協定区域内の土地を買い受け、新たに土地所有者等になった者にも、その協定の効力が及ぶことになっています。これは、建築協定制度の大きな特色で、協定に安定性をもたせます。
次に、建築協定に定められた基準に違反した者があるときは、その違反の是正は協定締結者によって自主的に行なわれるものとされていて、それぞれの協定で定められる協定に違反があった場合の措置によって処理されます。したがって、協定事項は、建築基準法による建築確認、違反是正措置、罰則の適用などの行政上の措置の対象にはなりません。現在行なわれている建築協定では、おおよそ次のようになっています。すなわち、違反者に対して協定運営のために組織された委員会の委員長が、工事施工停止と違反行為の是正を請求し、違反者がこれに応じないときは、その強制履行を裁判所に請求することにしています。
なお、建築協定を失効させるには、土地の所有権者等の過半数の合意で協定の廃止をきめ、特定行政庁の認可を受けることになっています。
最近分譲業者が建築協定付の分譲地を売却するケースが見られます。本問の場合、協定の締結過程が明らかではありませんが、建築基準法に定める手続を経たもので、あなたが認可 の公告の日以後に土地所有者となった場合には、協定の効力はあなたに及びますので、協定でより厳しい建ぺい率制限が定められている場合には、それを遵守する義務があり、違反した場合には、協定に定められる違反の場合の措置を受けることになります。しかし、建築協定と称していても、同法の手続を経ていないものもあります。このような協定の場合、その効力は当然には新たな土地所有者には及びません。あなたの場合も、その建築協定が同法の手続を経て締結されているものかどうか、公告の日はいつかを、市町村役場あるいは都道府県庁で調べてみるとよいでしょう。

間取り
隣りが境界ギリギリに家を建てている/ 境界ギリギリに家を建てられる場合/ ビル工事と工事前の事故予防対策/ 建築工事のため隣地に立入ることができる/ 地下掘削工事により家が傾いたとき/ 建築物用地下水の汲み上げにより家が壊れたとき/ 工事の繰り返しで地盤沈下し家が壊れた/ 工事人の過失で家が壊れた/ 通行中に工事の落下物でケガをしたとき/ 他人の土地を通さなければ水道ガス管を引けないとき/ 隣りまできている水道ガス管から分けてもらうには/ 工場の地下水の汲上げで井戸が涸れた/ 道路工事で私道の水道ガス管が壊されたとき/ 地下鉄工事で水道管が破裂したとき/ 個人専用の電柱から電気をひくには/ 高圧線が通っている土地を買ってしまったら/ 隣りが盛土したために雨水が流れ込み水たまりになった/ 雨水が隣りから直接注ぎ込む場合/ 他人の土地を通さなければ下水を流せないとき/ 隣地を通っている排水管の修理/ 共同の排水溝の管理費用の分担/ 住宅地の下水が田に流れこんでくる/ 浄化槽が台所の近くに造られたとき/ 共同の浄化槽の管理費用の分担/ 便所の汲取のための隣地の使用/ 違反建築でない建物による日照妨害/ 日照妨害により生計のための鳥が死亡/ 建築協定付の土地を買うと/ 崖崩れで近所の家を壊したとき/ 隣りの失火により家が焼けたとき/ 借家人の失火により家を焼いたとき/ 工事現場の溶接の火花で家が焼けたとき/ 住宅密集地でプロパンガスが爆発したとき/ 危険物運搬車の事故で家が焼けたとき/ 隣りが火事のときに投げ込まれた荷物/ アパートの隣室の音がうるさいとき/ アパートの隣人の失火で家財道具が焼けたとき/ アパートの階上の人の過失で水漏れしたとき/ 分譲マンションの管理費が不当に高いとき/ 分譲マンションの管理会社の変更/ 分譲マンションの屋上は共有/ ペット禁止の特約のあるアパート/ 団地の水洗トイレの管理/ 団地の火事の消火の水で水浸しになったとき/ 分譲マンションの専用部分の修繕/ 近所の商店で共同ビルをつくるには/ 再開発組合の決定に反対できるか/ 共同ビルの立て替えは反対者が一人でもいればできない/ 商業地域における日照妨害/ ビル工事の騒音振動による売上減少/ 隣りの工場の騒音振動で営業ができないとき/ 附近一体の地盤沈下で営業できないとき/ 電光版がビルに遮られて売上損害をうけたら/ 眺望を遮られて商売上の損害を受けたら/

       copyrght(c).間取りガイドドットコム.all rights reserved

スポンサーリンク

プライバシーポリシー