隣りの失火により家が焼けたとき

隣家のAから火が出て、せっかく新築した家が全焼してしまいました。火災保険に入っていないので困っています。損害を賠償してもらえないのでしょうか。
火災を発生させ、家屋などを類焼あるいは延焼させた場合に、その損害を支払う責任があるかどうかをきめるのに、「失火ノ責任二関スル法律」(失火責任法)というのがあります。
この法律によりますと、火を出した人に故意または重大な過失があった場合にのみその責任を負うということになっていて、民法の不法行為(故意または過失により違法に他人に損害を与える行為)の規定よりも失火者の責任を軽減しています。一般の不法行為ではふつうの過失(軽過失ともいいます)でよいのに対し、重過失を必要としているのです。ですから、加害者が火災を発生させ損害を与えても故意あるいは重大な過失がないかぎり、ふつうの過失では、被害者に損害を支 払う必要はないということになります。ただこの法律は、借家人が借りている家を焼いた場合のように、その責任が契約違反による債務不履行で追及される場合には適用されません。

スポンサーリンク
間取り

ふつうの過失と重過失とは、どのような基準で区別されるのかということが問題となりますが、判例では重過失の意味を「普通の人に要求される程度の相当の注意をしないでも、わずかの注意さえすれば、たやすく違法な悪い結果を予想することが出来る場合であるのにかかわらず、漫 然とこれを見過したような、ほとんど故意に近い著しく注意を欠いた状態を云う」ものとしています。すなわち、重過失の意味を非常に厳しく解釈してほとんど故意に近い状況であるとしているのです。ここで判例で示された具体的な例を二、三あげてみましょう。
燃残りのマッチ棒を消えたと思って板の間に放置したため火災が発生したとか、草葺屋根の建物の縁先から一、二尺離れた地点で焚火をしていて、消さないでそのまま行ってしまったため火災になったとか、あるいは家庭でてんぷらをあげるため油を火にかけたまま外出して、その間に失火したなどでは、いずれも重過失にならないとしています。
セルロイドの玩具、火薬製品などがかなり部屋にあるにもかかわらず、なんら注意を払わず煙草を吸い、火のついたままの煙草を灰皿の縁に乗せて放置しておいたため、セルロイド玩具に引火して火災が発生した場合、トースターを使用後、電源を切らずに通電したまま置いて外出し、長時間の通電放熱による過熱のため火災になった場合などが重大な過失に該当するとしています。
ところで本問のような場合、隣家のAの失火が重大な過失によるのであればもちろん損害賠償の請求はできます。しかし、裁判で請求するとなると、損害賠償の請求をする者が失火をした者(A)に重大な過失があったことを主張し証拠たてなければならないのです。しかも前述のように、現行法上重過失の意義を非常に厳格に解釈していますので、通常、失火者に損害賠償の責任を負わせることはほとんど不可能に近いことです。
したがって、Aによほどの怠慢がないかぎり、あきらめるほかないでしょう。火災保険などに加入して自分の財産を守るよう心がけるべきです。

間取り
隣りが境界ギリギリに家を建てている/ 境界ギリギリに家を建てられる場合/ ビル工事と工事前の事故予防対策/ 建築工事のため隣地に立入ることができる/ 地下掘削工事により家が傾いたとき/ 建築物用地下水の汲み上げにより家が壊れたとき/ 工事の繰り返しで地盤沈下し家が壊れた/ 工事人の過失で家が壊れた/ 通行中に工事の落下物でケガをしたとき/ 他人の土地を通さなければ水道ガス管を引けないとき/ 隣りまできている水道ガス管から分けてもらうには/ 工場の地下水の汲上げで井戸が涸れた/ 道路工事で私道の水道ガス管が壊されたとき/ 地下鉄工事で水道管が破裂したとき/ 個人専用の電柱から電気をひくには/ 高圧線が通っている土地を買ってしまったら/ 隣りが盛土したために雨水が流れ込み水たまりになった/ 雨水が隣りから直接注ぎ込む場合/ 他人の土地を通さなければ下水を流せないとき/ 隣地を通っている排水管の修理/ 共同の排水溝の管理費用の分担/ 住宅地の下水が田に流れこんでくる/ 浄化槽が台所の近くに造られたとき/ 共同の浄化槽の管理費用の分担/ 便所の汲取のための隣地の使用/ 違反建築でない建物による日照妨害/ 日照妨害により生計のための鳥が死亡/ 建築協定付の土地を買うと/ 崖崩れで近所の家を壊したとき/ 隣りの失火により家が焼けたとき/ 借家人の失火により家を焼いたとき/ 工事現場の溶接の火花で家が焼けたとき/ 住宅密集地でプロパンガスが爆発したとき/ 危険物運搬車の事故で家が焼けたとき/ 隣りが火事のときに投げ込まれた荷物/ アパートの隣室の音がうるさいとき/ アパートの隣人の失火で家財道具が焼けたとき/ アパートの階上の人の過失で水漏れしたとき/ 分譲マンションの管理費が不当に高いとき/ 分譲マンションの管理会社の変更/ 分譲マンションの屋上は共有/ ペット禁止の特約のあるアパート/ 団地の水洗トイレの管理/ 団地の火事の消火の水で水浸しになったとき/ 分譲マンションの専用部分の修繕/ 近所の商店で共同ビルをつくるには/ 再開発組合の決定に反対できるか/ 共同ビルの立て替えは反対者が一人でもいればできない/ 商業地域における日照妨害/ ビル工事の騒音振動による売上減少/ 隣りの工場の騒音振動で営業ができないとき/ 附近一体の地盤沈下で営業できないとき/ 電光版がビルに遮られて売上損害をうけたら/ 眺望を遮られて商売上の損害を受けたら/

       copyrght(c).間取りガイドドットコム.all rights reserved

スポンサーリンク

プライバシーポリシー