隣りが火事のときに投げ込まれた荷物

隣りが火事になり、慌てた隣人が荷物を私の家に投げこみました。私の家も類焼の危険があるため荷物を出すのに必死でしたので、何を預かったのかわかりませんが、あとで大切なものが失くなったと隣人は怒っています。緊急の場合、隣り近所はどの程度協力しなければならないのでしょうか。その火事で庭木や戸が壊されましたが損害を賠償してもらえるでしょうか。
隣人が、火災などの緊急事態が発生したため、慌てて荷物なとを勝手にあなたの家へ投げ入れておいても、あなたにはその荷物の保管の責任はなく、たとえ誤って紛失しても賠償責任はありません。民法では、隣人の荷物を無償で預かったときは、その保管について自分の財産の管理と同じような程度の注意義務が課せられます)。積極的に預かった旨を表示しなくても、黙示の承諾でも同様です。ですから、自分の財産と同様に扱ったけれど軽微な注意を欠いたため紛失すれば、荷物の時価相当額の損害は賠償しなければなりません。もっと本問の場合のように、類焼の危険を避けるためやむをえない行動の中での紛失は、賠償を負担すべき注意義務を欠いたとはいえないでしょう。荷物の保管に対し報酬をもらう約束をしたときは善良なる管理者の注意義務が課せられます。こんなときには保管責任は重くなるので、本問のような場合でも責任を負わされるでしょう。

スポンサーリンク
間取り

隣家の火災の場合の協力関係は消防法で規定されています。主なものは、火災を発見すれば、消防署などに通報しなければならず、隣家の人が消火や延焼の防止または人命の救助に従事しているのを妨げないよう協力する義務があります。しかしながら、進んで隣家の消火活動にあたる積極的な政務まではありません。ふつうは、隣家の火事を傍観していても、道義的な点ではともかくも法律上はなんの責任もないのです。消火義務者というのは、消防法施行規則で定められています。
隣人の火災であっても、消防車などが出勤し、消火、延焼を防止するため緊急必要があるときは、自分の屋敷内に入ること、建物などを破壊することを容認する義務があります。このとき受けた損害は市町村に請求できます。
その他法律上の規定がなくても、隣り近所で緊急の場合相互に扶けあう契約をするのは自由です。
直接の消火活動の義務はなくても、黙って見通せず協力した場合のように、法律上の義務がないのに、他人のために事務を処理する行為を事務管理といいます。こんな場合には消火のため出損した費用は隣人に請求できます(たとえば、消火剤、器具などの損失費)。衣服を汚損したとか、ヤケドを負った場合など着衣代とか治療費なども請求できるでしょう。
延焼を受けて、脱出するためやむをえず隣家の戸や垣根を破損したときは、正当防衛ですから、隣人に与えた損害を賠償する必要はありません。隣人はその損害を失火した人に請求することになります。もっとも自らの失火が原因で、危険を遊けるため隣家の庭木など壊しても正当防衛にならず、その損害は賠償しなければなりません。火災保険がかけてあれば、隣家の火災で戸や垣根をこわされ、消火作用で濡損を受けたときの損害でも、保険会社は保険金を払ってくれます。

間取り
隣りが境界ギリギリに家を建てている/ 境界ギリギリに家を建てられる場合/ ビル工事と工事前の事故予防対策/ 建築工事のため隣地に立入ることができる/ 地下掘削工事により家が傾いたとき/ 建築物用地下水の汲み上げにより家が壊れたとき/ 工事の繰り返しで地盤沈下し家が壊れた/ 工事人の過失で家が壊れた/ 通行中に工事の落下物でケガをしたとき/ 他人の土地を通さなければ水道ガス管を引けないとき/ 隣りまできている水道ガス管から分けてもらうには/ 工場の地下水の汲上げで井戸が涸れた/ 道路工事で私道の水道ガス管が壊されたとき/ 地下鉄工事で水道管が破裂したとき/ 個人専用の電柱から電気をひくには/ 高圧線が通っている土地を買ってしまったら/ 隣りが盛土したために雨水が流れ込み水たまりになった/ 雨水が隣りから直接注ぎ込む場合/ 他人の土地を通さなければ下水を流せないとき/ 隣地を通っている排水管の修理/ 共同の排水溝の管理費用の分担/ 住宅地の下水が田に流れこんでくる/ 浄化槽が台所の近くに造られたとき/ 共同の浄化槽の管理費用の分担/ 便所の汲取のための隣地の使用/ 違反建築でない建物による日照妨害/ 日照妨害により生計のための鳥が死亡/ 建築協定付の土地を買うと/ 崖崩れで近所の家を壊したとき/ 隣りの失火により家が焼けたとき/ 借家人の失火により家を焼いたとき/ 工事現場の溶接の火花で家が焼けたとき/ 住宅密集地でプロパンガスが爆発したとき/ 危険物運搬車の事故で家が焼けたとき/ 隣りが火事のときに投げ込まれた荷物/ アパートの隣室の音がうるさいとき/ アパートの隣人の失火で家財道具が焼けたとき/ アパートの階上の人の過失で水漏れしたとき/ 分譲マンションの管理費が不当に高いとき/ 分譲マンションの管理会社の変更/ 分譲マンションの屋上は共有/ ペット禁止の特約のあるアパート/ 団地の水洗トイレの管理/ 団地の火事の消火の水で水浸しになったとき/ 分譲マンションの専用部分の修繕/ 近所の商店で共同ビルをつくるには/ 再開発組合の決定に反対できるか/ 共同ビルの立て替えは反対者が一人でもいればできない/ 商業地域における日照妨害/ ビル工事の騒音振動による売上減少/ 隣りの工場の騒音振動で営業ができないとき/ 附近一体の地盤沈下で営業できないとき/ 電光版がビルに遮られて売上損害をうけたら/ 眺望を遮られて商売上の損害を受けたら/

       copyrght(c).間取りガイドドットコム.all rights reserved

スポンサーリンク

プライバシーポリシー