アパートの隣人の失火で家財道具が焼けたとき

アパートの隣室の人の失火で、私の部屋も全焼し、家財道具など一切が焼けてしまいました。隣室の人に損害賠償の請求をしたのですが払ってくれそうもありません。私のアパートでは家主もいっしょに住んでいて、各室の合鍵をもってアパート全休を管理していますが、こんな場合、家主に対して損害賠償を請求することはできないでしょうか。
失火の場合は、民法の一般の不法行為、故意または過失により違法に他人に損害を与える行為にくらべて、失火者の責任が軽減されています。すなわち、一般の不法行為がふつうの過失による権利侵害があれば成立するのに対して、失火の場合は、「失火ノ責任二関スル法律」(失火責任法)によってふつうの過失(軽過失)ではなく、重大な過失があるときだけ損害賠償義務を負わされることになっています。火災によって、失火者自らも甚大な損害をこうむっているのがふつうなのに、その上さらに軽過失で第三者の損害までも賠償させるのは、火元に酷だと考えたからです。
重過失というのは、「著しく注意を欠いたこと」を意味しますが、具体的な場合に、重過失といえるかどうかの判定は非常に困難です。たとえば、高圧電柱が腐朽して動揺し高圧電線が接触してスパークする状態になっているので電気会社に修理を要請していたのに、これを放流したため火花がとび火災になった場合のように、過失が故意に接着する「認識ある過失」とよばれる態様のものであるときは、重過失と認めるべきでしょう。しかし、通常失火の場合、火災原因はもちろん、火元自体が不明なことも珍しくありませんし、消防署や警察でも、火災原因などをはっきり敦えてくれることは、むしろ稀でしょう。ですから、失大罪に問われて有罪判決をうけ、犯罪事実が明確になっていなければ、火元への損害賠償請求はむずかしいでしょう。いずれにしても重過失にあたるかどうか、消防署や警察で出火原因や出火状況を調査してみるのが先決です。

スポンサーリンク
間取り

家主が各室の合鍵をもって管理しているとのことですが、家主に管理責任を問うのもむずかしいと思います。家主が入居者から管理の委託をうけている(準委任)とすれば、家主が受任者として、善良な管理者の注意をもって管理すべき義務を負うのは当然です。だとすれば、定期的に見まわり、火元とくに電気、ガスの使用状態を把握して注意するとか、消火器を整備し、火災を発見したら遅滞なく消防署に通報するとかする義務を家主は負っているはずです。しかし、あなたの場合、まず家主との間にこのような事務の委託関係があったかどうか疑問です。家主が各室の合鍵をもって全休を管理していることだけから、家主に受任義務違反を間うのは無理ではないでしょうか。家主はむしろ建物所有者として自己の利益のために建物を管理しているのであり、入居者に対し管理義務を負っているのではないとみる方が実情にあっていると思います。またさきにもふれたように、出火原因や状況が明確にしがたいという難点心無視できません。もちろん家主の管理責任を問う場合に、失火者に重過失があることは不必要ですが、結局、損害賠償ということではなく、見舞金程度で話しあうほかないと思います。
なお、失火責任法は、契約当事者間の責任には適用されませんから、借家人はたとえ軽過失でも、家主に対しては債務不履行(借家の返還債務の不順行)による損害賠償義務を負わされます。
つまりアパートの場合、火元である借家人は、家主に対しては損害賠償の責任はあるけれど、軽過失の場合には、隣室の人に対して損害賠償の責任はないのです。

間取り
隣りが境界ギリギリに家を建てている/ 境界ギリギリに家を建てられる場合/ ビル工事と工事前の事故予防対策/ 建築工事のため隣地に立入ることができる/ 地下掘削工事により家が傾いたとき/ 建築物用地下水の汲み上げにより家が壊れたとき/ 工事の繰り返しで地盤沈下し家が壊れた/ 工事人の過失で家が壊れた/ 通行中に工事の落下物でケガをしたとき/ 他人の土地を通さなければ水道ガス管を引けないとき/ 隣りまできている水道ガス管から分けてもらうには/ 工場の地下水の汲上げで井戸が涸れた/ 道路工事で私道の水道ガス管が壊されたとき/ 地下鉄工事で水道管が破裂したとき/ 個人専用の電柱から電気をひくには/ 高圧線が通っている土地を買ってしまったら/ 隣りが盛土したために雨水が流れ込み水たまりになった/ 雨水が隣りから直接注ぎ込む場合/ 他人の土地を通さなければ下水を流せないとき/ 隣地を通っている排水管の修理/ 共同の排水溝の管理費用の分担/ 住宅地の下水が田に流れこんでくる/ 浄化槽が台所の近くに造られたとき/ 共同の浄化槽の管理費用の分担/ 便所の汲取のための隣地の使用/ 違反建築でない建物による日照妨害/ 日照妨害により生計のための鳥が死亡/ 建築協定付の土地を買うと/ 崖崩れで近所の家を壊したとき/ 隣りの失火により家が焼けたとき/ 借家人の失火により家を焼いたとき/ 工事現場の溶接の火花で家が焼けたとき/ 住宅密集地でプロパンガスが爆発したとき/ 危険物運搬車の事故で家が焼けたとき/ 隣りが火事のときに投げ込まれた荷物/ アパートの隣室の音がうるさいとき/ アパートの隣人の失火で家財道具が焼けたとき/ アパートの階上の人の過失で水漏れしたとき/ 分譲マンションの管理費が不当に高いとき/ 分譲マンションの管理会社の変更/ 分譲マンションの屋上は共有/ ペット禁止の特約のあるアパート/ 団地の水洗トイレの管理/ 団地の火事の消火の水で水浸しになったとき/ 分譲マンションの専用部分の修繕/ 近所の商店で共同ビルをつくるには/ 再開発組合の決定に反対できるか/ 共同ビルの立て替えは反対者が一人でもいればできない/ 商業地域における日照妨害/ ビル工事の騒音振動による売上減少/ 隣りの工場の騒音振動で営業ができないとき/ 附近一体の地盤沈下で営業できないとき/ 電光版がビルに遮られて売上損害をうけたら/ 眺望を遮られて商売上の損害を受けたら/

       copyrght(c).間取りガイドドットコム.all rights reserved

スポンサーリンク

プライバシーポリシー