現場でのルールと設計の難しさ

 住宅の設計をする建築士は、自分の設計した図面に責任をもつ意味から、設計図書に建築士の表示(登録番号を記入)、記名、捺印をします。また工事管理をする場合は、その工事が設計図書の通りに施工されているかどうかを確認します。
 もしも、図面の通りに施工されていない場合は、施工者に注意を与え、工事施工者がそれに従わないときは、その旨を建築主に報告します。

スポンサード リンク

 やはり建築主は、お施主さまと崇められる存在ゆえ、施工者にとっては、建築主のひとことが、一番こたえるのです。
 現場管理者としては、施工者に対する注意の与え方が大切です。
 最近の職人は、ほとんど親方からの請取りで仕事をしています。だから現場の職人にいっても、親方の指示がない限り職人は動きません。
 余分な仕事をすると親方から叱られるし、だいいち手間がいったら、その手間代をどうしてくれるのだ、ということが先ばしります。
 「建築主-設計側の工事管理者-現場の工事管理者-元請の責任者-職人の親方-職人」という指示・命令系統の鉄則を忘れてはなりません。
 ましてや、建築に素人の建築主が、お施主さま顔をきかそうとして、現場で末端の職人に命令しようものなら、とんでもないことになります。「幾つものルートを通って指示するよりは、直接の方が間違いも少なかろう」と考えるのは素人考えです。キセル乗車は、建築の場合でも通用しません。
 設計変更や、AをBにつけかえるという作業の変更は金銭がともなうので、それぞれの時点で契約をし直しておかないと、後でもめます。
 素人は現場の仕事のみにしか目がいきませんが、ある仕事をするためには、職人は計画の段階から物品の購入-加工-仮取付-修正-取付と、段取りに随分と時間をかけているものです。これらは、目にみえない部分です。
 「仕事は段取りで決まる」といわれ、仕事の変更は、段取りから狂ってきます。
 また、職人には職人のプライドがあります。それを考えてモノをいわないと,職人を怒らせるだけです。たとえ職人の仕事が間違っていたとしても職人がいいのがれできる逃げ道を作ってやるような配慮がほしいものです。
 こういう点で、建築工事現場に多種類の職人の出入をチェックしながら、異種の職人間をスムーズに融合させ、仕事と仕事をうまくつないでいく現場管理者の責任は重い。現場での潤滑油の働きをするのが、管理者です。
 いい管理者に当れば、たとえ職人の腕がうまくなかったとしても、ある程度いい仕事が完成されます。逆論法でいけば、悪い管理者に当たると、たとえ腕のきれる職人であっても、いい仕事ができません。
 それほど、管理者の技術と人がらが、職人の腕を、その職人のもつ技量以上に発揮させるのです。
 ましてや、建築はでき上がった見映よりも、仕上げて隠れてしまう所にこそ力を入れなければならないから、その点検は怠れません。
 こういう点では設計者が現場管理した住宅と、管理しない住宅とては、その耐久度・強さ・使いよさは異なってきます。表面の仕上がった段階では、その差は出てきませんが、いざ住んでみると、その差は年がたつにつれて出てきます。また、出てこなくては、それだけ設計・管理に費用を投じた価値はありません。
 建築士は、それ相応の居宅を建てようとされるなら、設計・管理の費用を借しまず、住宅を得意とする建築設計事務所に仕事を依頼されるのがよいでしょう。
 設計・管理の費用は、その内容によって異なりますが、およそ総工事費の5〜10%程度です。余り有名な先生に設計を依頼すると庶民の生活と感覚が異なるから、見て楽しむ家にはなりますが、住んでみると意外と使いにくいというケースも出てきます。また、その費用も、通常の2倍〜3倍はかかるでしょう。
 実用的な住宅にするのか、お客さんを主体にした住宅にしたいのか、体裁を重んずる住宅なのか、建築士の好みと意志をはっきりと設計者に伝えるべきです。それと予算のことも隠さず述べるべきです。
 住宅の設計とは「建築主と設計者とのいがみ合った構を埋めていく作業である」といわれるのは,両者のその辺の葛藤を表わしています。
 いったい、住みよい住宅とはどんなことをいうのでしょうか。住む人が住宅の内外で春夏秋冬を生活してみて、快適な動き(機能性)がとれ、心身ともに落ちつける場所(安定性)があり、いい家を追ってくれたという満足感(経済性)が起これば、住みよい住宅といえるでしょう。
 こういう意味では、造りたての住宅の評価はまだ定まっていないわけで、住宅は最低1年間住んだ後に、住みよさの結果がでるものです。

間取り
建築面積と床面積と延面積/ 軒の高さと建築物の高さ/ 道路斜線制限と高さの制限/ 日影規制/ 建物と民法/ 建築協定/ 防火地域と準防火地域/ 居室と延焼のおそれのある部分/ 不燃材料と準不燃材料と難燃材料/ 室内の日照と採光/ 室内の換気/ 室内の天井高さと床高/ 階段の制限/ 共同住宅の界壁と避難施設/ 確認申請/ 現場でのルールと設計の難しさ/ 違反建築物/ 増改築をめぐって/

       copyrght(c).間取りガイドドットコム.all rights reserved

スポンサード リンク

プライバシーポリシー