増改築をめぐって

 増築とは、同一棟の床面積を増すことで、俗にいう建て増しです。
 改築とは、建築物の全部または一部を解体除却して、以前と建物の用途・規模・構造の著しく異ならない建築物を建て直すことで、俗にいう、つくり直しです。
 いずれにしても延面積が10m2をこえる(防火地域・準防火地域外)住宅の増改築であれば、建築主は所轄の役所の建築主事宛に,確認申請書を提出しなければなりません。
 これをよく邪魔くさがって提出せずに工事をするから、無確認建築物となって違反建築となるのです。
 増改築するときは、従来から建っている建築物を含めて、建築基準法に適合するように建築をしなければなりません。

スポンサード リンク

 ところで、住宅を新築して数年たつと、家族の成長と生活様式の変化が生じ、増改築しなければならない事態が起こります。
 ましてや10年も経過すると、各種設備機械が痛み出し大修理することになり、ついでに増改築しようか、ということになります。
 増改築は10年が一つの節といわれるのは、生活の機能の大転換期の年に当たり、新築時の幼児が中学生になり、子供室を欲しがる時期とも一致します。
 増改築は、既存の各室が配置されているという大きな制約があり、加えて敷地上の制限、経済的な予算、工期の問題、さらに建築主が生活しながらの工事となると、新築住宅のそれに比べて厄介な手間がいるものです。
 その上、施工業者の正確な見積りが出しにくい。というのは、現場を取りこわしてみて、始めて発見される補修部分が必ず出てくるからです。
 それを見こして見積り金額をはじき出せばよい、とはいうものの、よほどのベテランの建築屋さんてない限り、かくれた部分の修理費用は計算しにくい。この辺りにあいまいさが残るのは止むをえません。
 だから、施工業者によっては「増改築はもうかる」「いやもうからない」と、まったく正反対の意見が聞かれるのです。一般の人から増改築の費用の相談を受けると「増改築はボロもうけはともかく、ある程度もうかって当たり前です。古い家をさわっている職人さんのよごれた姿を想像してごらん。のこぎりで古材を切っていて古釘でもひっかけようものなら、それだけで大切な道具を痛めます。古い床板をふみはずせば,職人さんはケガをします。ケガをしなかったとしても精神的に気疲れが生じます。
 だから、道具の損料と手間賃は、新築工事より高くつきます。
 また何十年と経過した古家の天井裏には、ものすごいホコリがたまっています。職人さんは、本職の仕事をはじめる前に、くず屋とそうじ屋を兼業しなければなりません。
 新築時の単価よりは、1〜2割がた増改築の費用は高くつくものです。」といっています。
 これは、何も建築業者の肩をもっているわけではありません。増改築の現場で、真黒い顔をして働いている職人さんの姿を見ていると自然に職人さんの立場が分かるから、かく説明しているのです。
 増改築は、ほんとうに目に見えんとこに手間と金がかかります。この部屋だけの改築どいわれても、そうはいきません。
 この部屋の土合までめくって、隣室の土台がくさっているから隣室は知らん、とはいえません。よく見積書よりも請求書が高い、といわれるケースはこんな所に出てきます。
 建築主と業者でもめるのは、簡単な増改築だからといって口頭で約束し、善意がすべて含まれているだろう。とお互いが錯覚するからです。
 小規模な工事でも、設計図書(設計図、仕上表、仕様書)を作成し、それにもとづいて見積り・契約・工事をすれば、もめることはありません。たとえもめてもネタは用意されているだけに解決は早いものです。

間取り
建築面積と床面積と延面積/ 軒の高さと建築物の高さ/ 道路斜線制限と高さの制限/ 日影規制/ 建物と民法/ 建築協定/ 防火地域と準防火地域/ 居室と延焼のおそれのある部分/ 不燃材料と準不燃材料と難燃材料/ 室内の日照と採光/ 室内の換気/ 室内の天井高さと床高/ 階段の制限/ 共同住宅の界壁と避難施設/ 確認申請/ 現場でのルールと設計の難しさ/ 違反建築物/ 増改築をめぐって/

       copyrght(c).間取りガイドドットコム.all rights reserved

スポンサード リンク

プライバシーポリシー