アパートの間取り

市街化区域に遊休地や放置している土地を持っていると固定資産税だけでも大きな負担となってしまいます。空いている土地には資産運用が必要でアパート経営は最適だといえます。毎月安定した収入を確保することができ資産形成ができます。しかし昨今はアパートが供給過剰ぎみとなっており、入居者のニーズに合ったライフスタイルのアパートの間取りが重要になってきています。

スポンサーリンク

間取り

アパート建設には数千万円もの建設費用が必要で、自己資金やローンが必要になります。しかもローンの返済が数十年にもなってしまうために、将来的な入居率の問題や修繕費、管理の問題も浮上してきます。しかし、銀行でローンを組む場合は団体信用生命保険に加入することになり、ローンの返済中にオーナーが亡くなった場合でも保険によりローン残金が賄われるために、遺族には借金が残りません。
アパートの管理は大抵は月々数%の管理委託料で不動産会社などの管理会社に任せるために、オーナーはなにもすることがありません。入居者の問題も管理会社が全て行なう為にオーナーはノータッチで済みます。
アパートを建設するメリットとして不労所得ということもありますが、税制面での優遇処置が大きく、固定資産税が軽減されたり、収支がマイナスになった場合などは所得から控除することができ、還付を受けることができます。そして相続税の節税にもなります。
アパート経営はそれぞれ長所短所がありますが、資産形成につながり、定年後も収入が得られると考えると大きな魅力があります。

アパートの間取り

持家と借家の問題/ 敷金・権利金・協力金/ 地代、家賃の構成と鑑定評価/ 賃料に関する鑑定評価方式/ 賃料事例比較法/ 賃貸住宅の経営/ アパート経営の概観/ アパートの経営者/ アパート建設での土地取得/ アパート経営の内容/ アパート経営の実際/ アパート経営の型/ 一般貸家の経営/ マンションの経営/ 賃貸住宅の立地/ 賃貸住宅の環境条件/ 賃貸住宅需要の形態/ 借家に適用される法律/ 借家の期間の決め方と効力/