賃貸併用住宅

家が老朽化してきたが、建て替える資金がない。住宅ローンを借りたくても、30年以上の長期に渡って返済できるか不安だ。このような場合にまとまった土地の面積があればアパートと住宅を併用する賃貸併用住宅という方法もあります。賃貸併用住宅になった場合には一般の家よりも建築費が多くかかり、銀行からの借り入れ額が増えてしまいますが、家賃収入を見込めるために、家賃で住宅ローンを賄えることもできます。それどころか運用計画によっては不労所得を得ることも十分考えられます。
その一方で貸主と借主が同じ屋根の下で暮らすことになるために騒音などの問題や管理できるかどうか。あるいは空室リスク、家賃滞納などの様々な問題点も浮上してきます。
賃貸併用住宅には事業計画をしっかり立てておく必要があり、家賃収入と返済金の差額や、入居率や修繕費、税金などの緻密な計算が必要になります。

スポンサーリンク

間取り

賃貸併用住宅の相談は不動産業者やハウスメーカーに相談する必要があります。不動産業者の場合は建設予定地の家賃相場やファミリータイプか単身者向けの賃貸物件が向いているのか、などの適切なアドバイスを得る事ができます。それに空室リスクや家賃滞納対策のノウハウもあるために賃貸併用住宅を計画する際には必ず相談する必要があります。
ハウスメーカーは多くの賃貸併用住宅を施工している実績があるために、間取りのプランや建築概要、どのような建物が需要があるかなどの計画性が充実しており、税金対策の相談にも乗ってくれるはずです。
賃貸併用住宅は賃貸借契約問題や空室リスク、騒音の問題、収益性などの様々な問題が降り掛かる事業ですが、住宅で収入が得られるために魅力ある事業だといえます。

賃貸併用住宅の間取り

借家に適用される法律/ 借家の期間の決め方と効力/

プライバシーポリシー