道路

道路の定義は大きく分けると幅員(道路幅)が4m以上の場合と4m未満の場合に分かれます。4m未満の道路のことを42条2項道路と呼びます。42条2項道路の場合は、道路の中心線から2m(道路の反対側ががけや池や水面のときには、反対側から4m以内)の部分は道路とみなされます。つまり敷地部分であっても道路とみなされます。敷地面積から除かれるので、建ぺい率や容積率の計算に際して敷地部分の面積が小さくなります。

○接道(敷地と道路との関係)
建築物の敷地は、自動車専用道路以外の道路に2m以上接しなければならない。

○私道の変更・廃止の制限
私道の変更や廃止をした場合に前項の接道の規定に接触する様な変更や廃止は制限される。

○壁面線
街区内の位置を整えて、環境の向上を図るために特定行政庁は壁面線の指定をすることができます。その際、利害関係者による意見の聴取を行った上、建築審査会の同意を得なければなりません。壁面線内には、建築物の柱、高さが2mを超える門塀などは建築出来ません。

間取り

       copyrght(c).間取りガイドドットコム.all rights reserved