間取りガイドドットコム
技術基準の概要
        ●接 道
         住宅の敷地は、原則として一般の交通の用に供する道路に2m以上接することとします。

        ●住宅の規模
         ○住宅の1戸当たりの床面積(地下室、居住室、炊事室、便所、浴室等を除く)車庫
          バルコニー及び共用部分の床面積を除く。一戸建ての場合は70m2以上とします。

         ○店舗付き住宅などの併用住宅の場合は、住宅部分の床面積が非住宅部分の床面積
          以上とします。

        ●住宅の規格
         住宅は、原則として2以上の居住室(家具等で仕切れる場合も可)、炊事室、便所、浴室
         があり、独立した生活が営めるものとします。

        ●戸建型式等
         ○木造の住宅(耐火構造の住宅及び準耐火構造の住宅以外の住宅をいいます。)は一戸建て
          又は連続建てとします。

         ○耐火構造の住宅内の専用階段は、耐火構造以外の構造とすることができます。

        ●断熱構造
         住宅の各部は、気象条件に応じ、室内の温度を保ち結露を防止する構造とします。

                   断熱材の厚さmm高性能グラスウール16kの場合
         地域区分      天井・屋根   外壁   外気に接する床  その他床
         北海道
         110   85     105     85
         青森県・岩手県・秋田県  50   35      35     30
         宮崎県・山形県・福島県  50   35      35     30
         茨城県・栃木県・群馬県  50   35      35     30
         新潟県・富山県・石川県  50   35      35     30
         福井県・山梨県・長野県  50   35      35     30
         岐阜県・滋賀県      50   35      35     30
         埼玉県・千葉県・東京都  35   25      25     20
         神奈川県・静岡県・愛知県 35   25      25     20
         三重県・京都府・大阪府  35   25      25     20
         兵庫県・奈良県・和歌山県 35   25      25     20
         鳥取県・島根県・岡山県  35   25      25     20
         広島県・山口県・徳島県  35   25      25     20
         香川県・愛媛県・高知県  35   25      25     20
         福岡県・佐賀県・長崎県  35   25      25     20
         熊本県・大分県      35   25      25     20
         宮崎県・鹿児島県     20    ー       ー      ー

        ●配管設備の点検
          ○共同住宅以外の場合、炊事室に設置される給排水の配管等は、点検口等から
           点検できるものとします。

        ●区 画
          住宅と住宅の間又は住宅と住宅以外の部分の間は、耐火構造又は1時間準耐火構造の壁
          で区画します。