間取りガイドドットコム

狭小住宅の間取りや、間口の狭い土地の間取りなどの狭い土地での住宅の間取り集を中心に作ってみました。敷地が広く予算もある住宅の間取りは、簡単で誰でも思いつきますが、狭い敷地での住宅の間取りは案外難しいものです。このサイトを住宅の間取りを作る際に参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
間取り

家を建てると間取り

あんな家に住みたい、こんな家を建てたいと考えても、なかなか間取りは計画どおりには行かないものです。しかも家造りは一生に一番高い買い物で、家は何回造り変えても本当に気に入ったものはできないとも言われています。間取り図や平面プランと呼ばれる計画図は家を建てる上で基本となり最も重要です。建物の広さ、部屋の配置、柱や壁、窓やドア、収納や水回りの位置などが分かります。住み心地を大きく左右する採光や通風の配置も見逃せない重要なポイントです。採光を重視して間取りが決められているか、家全体の風通は良いかなど快適性を大きく左右します。しかも住宅の構造には木造、鉄筋コンクリート造、鉄骨造や木造と鉄筋コンクリートを合わせたものまであります。木造には在来軸組工法、2×4工法、木質パネル工法などがあり細かく分類されています。どの工法にも一長一短があり、快適な住まい造りには住む人のライフスタイルに合わせた工法、構造であることが必要となってきます。在来軸組工法の場合は補修やリフォーム、間取りの変更が比較的簡単に出来ますが、2×4工法や木質パネル工法の場合などでは構造躯体が壁になるので建築後の間取りの変更が在来軸組工法よりも困難になります。将来的な展望を踏まえた間取りが重要になってきます。来客があっても家族の生活に無理はないか、トイレや入浴の音が気にならないか。部屋に家具を入れてもどれくらいの余裕があるか、あるいは動線がスムーズに行えるか、なるべく最短距離で移動できるのが理想です。隣家からのぞからる位置に窓が設置されていないか確認することも大切です。このように間取りを考えるのは家を建てることを計画する上で最も重視な事柄です。メジャーを手にして実際の寸法をイメージし、快適な間取りの住まい造りを目指しましょう。

間取り

フラット35での融資を受ける新築住宅の場合は、住宅金融公庫法による、住宅金融公庫独自の技術基準のに適合する仕様にしなければなりません。内容的に建築基準法と重複する部分がありますが、建築基準法よりも厳しい基準になっており、フラット35による融資物件以外の住宅であっても、住宅金融公庫の工事仕様による工事にしたほうがより安心です。尚このサイトで紹介している間取りのほとんどが70m2以下となっているため、フラット35の融資対象外物件になっておりますが、構造、間取り、その他の仕様を住宅金融公庫の工事仕様にすることを、おすすめします。返済が困難になった場合には返済メニューの変更も可能なのでお金のやりくりにも安心です。

copyrght(c).間取りガイドドットコム.all rights reserved

モデュールについて

間取り

狭小住宅間取り

狭小住宅間取集です。いくらなんでも、ちよっと狭すぎって感じの間取りになってしまいました。狭い土地に家を建てることを前提にしたのですべて3階建てです。土地代金が安い分、建築費が割増しです。

12.50坪(車有) 14.37坪(車有) 14.37坪2(車有) 15.62坪(車有) 10.11坪 11.80坪 13.25坪 15.50坪 16.00坪 16.12坪 16.75坪 17.00坪 17.25坪 17.61坪 18.00坪 19.87坪

間取り

開口が狭い土地の間取り

間口が狭い土地の間取り集です。間口は車2台分の5mを想定して作りました。家の大きさは、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携しているフラット35の技術基準である70m2以上です。異様に細長い建物になっていますが、あえて狭小住宅間取りとの差別化で70m2以上の建物としました。

21.50坪 21.75坪 22.00坪 22.12坪 22.50坪 22.50坪2 23.24坪 23.24坪2 23.25坪 23.75坪 25.24坪 27.00坪

間取り

ちょっと小さい家の間取り

ちよっと小さい家の間取り集です。すべて3DKで、70m2前後になっています。このタイプが一番実用的です。一般の建売り住宅や注文住宅は、ほとんどがこのタイプのアレンジです。

20.00坪 20.12坪 20.12坪2 20.25坪 20.25坪2 20.25坪3 20.50坪 20.50坪2 20.75坪 20.75坪2 21.00坪 21.00坪2 21.00坪3 21.25坪 21.25坪2 21.25坪3 21.25坪4 21.50坪